悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
心痛詩「灯」
2008-02-05 Tue 21:21
eyes0158.jpg



「灯」



深夜の公園

ひとつの ベンチを照らす 語らうひとのために

今は 誰も居ないのに そのひかりは 温かく見えたよ

優しく灯る 一すじの希望に見えたよ



ごめんね 何も気づかず いつも 通り過ぎていたね

冬の夜 だれも 来ないのに なんだか 意地らしくって 胸痛んだよ

綺麗だね 

清流にだけ棲む ホタルのように 優しいひかり

そして 儚い ひかりにもね



ひたすら好きな人を待つ 乙女の恋心のように ひかり 揺れて 震えて見えるから かな



でも さびしくないの? って 聞きたくなるんだ

でも 聞かないでおくよ 

きっと きみを 傷つける そんな 気がするから



闇の世界に 希望のひかり 与え続けるんだね 

命あるかぎり 温かなひかりを

何も言わず ひたすら ひとのために 生きる 

現世のホタル

きみの名は





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3