悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「また 明日も このバスに 乗るんだ❤」
2008-02-03 Sun 22:40
eyes0716q.jpg




「また 明日も このバスに 乗るんだ




学校帰り

ふたり

バスに

一番後ろ 左側の席 並んで 座った



きみが奥 僕が通路

いつもと同じ席

帰る時間ずらして この時間 バスには ふたりきり



田舎道 だから いい

揺れる 左右に 肩 ぼくに 触れる

ドキッとする 瞬間 



窓すこし開けた 長い髪 風に舞って ぼくに甘える



いつもは いろんな話 とめどなく流れるのに

今日は ふたり 無言



横顔 見詰めた きみ しらんぷり 

もっと 近づいて 見詰めた

ふいに きみ こっちみた




目を閉じた




ドキっと した 瞬間

空白の 三秒間 時間 止まった



触れた 一瞬



きみ 瞳 ひらいて ぼくをみた

唇がうごいた

「すき」

と 読めた

ぼくも

「すき」

と こたえた




また 静寂の一瞬


突然 クラクション 鳴った


ふたりの 専用バス 焼きもち妬いた?



笑った

ふたり 

顔見合わせて

笑った



顔 赤くなった ふたりの乗ってる バスのように



秘密だよ

お願い

明日 また 乗るから 怒らないで と

バスに 祈った



クラクション また鳴った バス 左右に揺れた



きっと 分かってくれた

ふたり 

また 仲良く くっついて

笑った



また 明日も このバスに 乗るんだ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3