悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「ケンが鳴いた」
2008-02-20 Wed 23:48
se_025.jpg


猫詩 「ケンが鳴いた」


学校から帰ると玄関に ちょこんと 迎えてくれた
おかえりと言うように 当たり前のように ニャーンと鳴いた

出かけるときも いつも玄関に ちょこんと 座っていた
行ってらっしゃいと言うように  当たり前のように ニャーンと鳴いた

仲がよくて いつも一緒 まるで 兄弟のように 育った
寝るときも起きるときも いつも一緒 ただ お風呂以外は

ご飯のときも いつも隣に ちょこんと 座った
ぼくのおかずを半分あげた ありがとうと言うように ぼくを見上げて ニャーンと鳴いた



ある日の事 いつものように 玄関に居るはずの ケンが居ない
胸騒ぎ 家の回りを探した 近くの公園も 学校も プールも

電話ボックスがあった その近くに行くと 聞こえた ニャーンと
ケンの声 間違いない 声のするほうへ 行った 草の茂みから また声が

ニャーンと 元気なく 弱弱しく ぼくを呼んだ 間違いなく ケンだ
ぼくを見つけた 見上げて 嬉しそうに 悲しそうに 鳴いた



信じられなかった ケンは 動けなかった もう 二度と 車にはねられたの?
家に 病院に でも ケンの 後ろ足は 二度と 動かなくなっていた 半身不随だった

ダンボールが ケンの 家になった 毛が抜けて でも ぼくを見ると 嬉しそうに鳴いた
朝 行ってらっしゃいと 鳴いた 帰ってきたら お帰りと 鳴いた ぼくも 泣いた

玄関でもなく 物干しでもなく 階段でもなく 段ボール箱の中でで ケンは 鳴いた



あるとき 近くの公園から 声が 聞こえた ニヤーンと まさか?ケンが 元気にここに?

ちいさな 子猫だった 捨てられたのだろう ぼくを見て 悲しそうに 鳴いた
堪らなくなって 家につれて帰った ケンが 怒るのかな?と 心配だったけれど

子猫 ケンをみて ファーッと怒って 毛を逆立てた ちいさいくせに 動けないケンを威嚇した
この子猫を 叱ろうとしたら ケンが 怒りもしないで ニヤーンと 優しく鳴いた



大丈夫だよ 怖くないよ ぼくは友達だよ ぼくは動けないから ヨロシクね って 鳴いた
ぼくは 最初 ケンが 怒るのではと 思っていた でも 違った
泣いた ケンが 優しすぎて 悲しくて 泣いた けんは 本当にいい猫だ って

それから 1ヵ月後・・

夕食の時 びっくりした ぼくの ぼくの ケンが ダンボール箱から 這い出してきた
ケン 元気になったの! ぼくの ひざに ちょこんと すわって まぁるくなった

うれしくて うれしくて 泣いた ケンも 鳴いた ニヤーンと嬉しそうに鳴いた
よかったね 元気になったの ぼくが泣くと けんも 鳴いた ニヤーンとj悲しそうに鳴いた

ダンボール箱に 返してあげた 
静かに 返してあげた 
ケンが いやだよ って
言っているように ニヤーンと鳴いた

また 明日 そう 声をかけた 
ケンは また すこし 寂しそうに ニヤーンと鳴いた










次の日 朝 ケンは 冷たくなっていた







ケンは 自分の 最後がわかったのだ 
だから ぼくの ところに きたんだ

最後の力を 振り絞って 
いっしょに 居たかったのだね

ケン 分からずに ごめんね 



でも ケンは 最後の最後 ぼくに  サヨナラ してくれたんだね
猫でさえも これだけの愛情で 生きて くれた

ケン いつまでも ぼくは わすれないよ 
ニヤーン と 鳴く 声 
ケンの優しさ 



最後の力を振り絞って ぼくのひざに来て お別れをしてくれたこと

いまも ケンは ぼくの こころになかに ずっと 生きているよ

いつまでも ケンは ぼくの こころのなかで 生き続けて いるよ



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村

追記
これは 実話です わたしとケンとの実話です。
トラ猫だったケン 黒と白で でも かおは こんなふうに とっても優しそうだった 
書くのを迷った。でも、ケンのためにも書いてあげたかった。ケンきっと見ているだろうな。

追記2017/01/14
脳梗塞になって、絶望的な1週間を過ごし、そして朝を迎えたとき、奇跡的に回復していた。
今までも、何度も人生の危機があった、今回も・・・
今までも、不思議なことに、問題が霧のように消えて無くなった。

今回もそうだった,看護師さんが驚いて先生を呼びに行った。
先生も、本当にこれだけ回復するのは。ほとんどないと。
点滴24時間のうち、1本がはずされた。また今までと同じように・・・
ケンと玉に助けられたのではと、思っています。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「小さな一言」
2008-02-19 Tue 23:23
eyes0246_20080219230907.jpg




「小さな一言 」



きみの 頑張り 誰もが 知っているのに
何も言わない 誰も言わない 
みんな 当たり前のように 思っているのかな?


いつも してくれるから
居なかったら 困るなんて 考えてないの?


でも きみは 優しいから 
何も言われなくて また 頑張る
疲れていても 泣きたくても いやな事あっても 誰にも言えない 
なのに 聞かれると 優しく 微笑んで 答えてあげる





天使なら それでいいかもしれない 
天使のような 優しい子だから


天使なら それでいいかもしれない 
でも 天使じゃないんだ みんな わかっているの?


「いつも ありがとう」 
「いつも わかっているよ きみの頑張り」


「きみがいるから 楽しくなるよ」 
「きみが居なくちゃ 淋しすぎるよ」 って

 



自分が言わなくても?
これでいいんだと思っているの? 
じゃ だれが 言ってあげるの?


天使の 微笑みを 消そうとしているのは 
黙っている あなたじゃないの?





居なくなって 始めて分かるんだ 
始めて気がつくんだ 自分が困る事に


きみの 頑張り わかっているなら 
声をかけてあげないと そう思うよ


「ありがとう ほんとに ありがとう」 
「疲れているのに ごめんね きみだけにさせて」


「わたしが するよ 少し休んで」 
「僕が 代わるよ そこに座っていて」 って


どうして 言えないのかな? 
そんな 一言 ちいさな 一言 大きな 一言を





天使なら それでいいかもしれない 
天使のような 優しい子だから


天使なら それでいいかもしれない 
でも 天使じゃないんだ みんな わかっているの?






自分が言わなくても?
これが当たり前だと思っているの? 
じゃ だれが 言ってあげるの?


天使の 微笑みを 消そうとしているのは
黙りこくっている あんたじゃないの?




言葉だせないのなら 黙って 手を貸してあげたら? 
持ってる ぞうきん 代わりに持ってあげたら?


「ありがとう」
「いつも ごめんね」


「今日はわたしが」 
「今日からは僕が代わるよ」って





そんな 一言 大きな 一言 
天使の微笑を消さないために 
待ってるよ 
小さな 一言を




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村

追記
この詩のモデルの方が私の心の中に、います。
ひとりじゃない、数名?数十名以上?かも・・
実際にこんな悲しい想いをしている。

なのに誰も、家族も、友達も、兄弟も気づかない・・の?.。雫。。


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「花」
2008-02-16 Sat 23:34

eyes0247qq_20080216232830.jpg




「花」



きみに似た花 

みつけたよ



ひっそりと 控えめで 意地らして 可憐

風に吹かれても 微笑んでいるような

無邪気な 可愛さも 似ているね



体 弱いのに 人の事ばかり心配する そんなところも

でも 怒るなんて とても できないよ



もっと 自分を 大切にしなよ なんて

どうせ 言っても 笑顔で 返される

叱れないな やっぱり



小さくて 優しくて 働き者 

まるで 時を惜しむかのように



いつまでも 見つめていたい

こころが やすらぐ



この花を 

いつまでも

守って あげたい・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村


追記
この可愛い花の名前は、ひめつるそば(姫蔓蕎麦)です。
ちょっと普通のひめつるそばでは無いようです。
普通は全体がピンク色なのですが、この花は一部がピンクで、でも可愛くてこの写真に。
花言葉は 愛らしい 
この詩に似合っているようで、とても嬉しくなりました。 (*ゝ_●・)σ かわいいっ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

 


関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「ちいさな 野の花の 一輪に・・」
2008-02-13 Wed 22:56
eyes0267q_20080213224400.jpg





「ちいさな 野の花の 一輪に・・」




野の花 一輪 

ひっそりと 咲いている


ちいさいけれど 可愛く 控えめで 愛らしく




誰のために 生まれてきたの?

そう問いかける 

風に 揺れる花弁(はなびら)は 答えない




ひっそりと 慎ましやかに咲く 花の名を 私は知らない



ここに 生まれ lここに 育ち 

いつか 花の 一生を 終える



誰かが 褒めてくれるわけでもなく

誰かが 傍にいて守ってくれるわけでもない



寒い日も 暑い日も 雨の日も 雪が降っても 風が吹き荒れても 

それを 辛いとも 悲しいとも 淋しいとも 儚いとも 侘しいとも 



泣き言など


言わない


言えない





花は 強いと思う



人は 弱いと思う




野の花の 一輪の 凛凛しさに 心を 清められる

その 凛凛しさに

人は 

人を 愛することを 花から 教わるのかもしれない

ちいさな 野の花の 一輪に・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



追記2018/01/23
この詩は2008/02/13に投稿したものです。

詩の種類に名前を付けています。
その分類のひとつ、心痛詩になります。

最後に書き上げたのが、心痛詩は、2013/08/15 終戦杵日に書いた詩から、
その間悲しい詩は書いていません。

後に書いた、「花と人」と同じ気持ちで書いた詩です。

本日久しぶりに読み、どうしても再掲したいと思いました。

追記

野の花を 手折らないでください どうか お願いします
その花が 愛らしいとおもうのなら そのままに してあげて ください

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「杜よ」
2008-02-06 Wed 21:53
35257147.jpg




「杜よ」



杜よ



その雄大なる景色に 胸を打たれる

静寂の時が太古の昔から 止まったままのようで 心を奪われる



このまま そっと 目に焼き付けて 帰ろう

誰にも告げず 誰にも知られないように そっと 帰ろう



人は 愚かで 浅はかで 尊大だから

きっと この静けさを 打ち消して仕舞うだろう



世俗に汚れ 心ない人の足跡が きみを傷め 疵付けるだろう

このまま 永遠に 太古の姿のまま 生きつづけてほしい



振り返らず サヨナラも言わず 見た事さえ忘れよう

永遠の別れは 永遠の命を守ることだから



杜よ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村

追記2017/01/17
写真を写真素材 フォトライブラリーさんに変更しました。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「うち なんで こんなとこに おるんやろ?」
2008-02-02 Sat 20:49

「うち なんで こんなとこに おるんやろ?」



うち なんで こんなところに おるんやろ?



じゃまになったんやなぁ

あんだけ  かわいがってくれたのに

たいせつに してくれたのに

ポィ って 捨てられてしもうた



いっぱい がんばったのに

いっぱい 手助けしたのに

いっしょに どこへでも行ったのになぁ



あさ はようから よる おそうまで

どんだけ つかれてても もんくもいわんと がんばったのに なぁ



うち きがついたら こんなとこ 捨てられてた

かなしいなぁ なみだもでぇへん



とおるひと 見るだけや

だぁれも たすけてくれへん

しらんぷりや



まるで きたないもん みるみたいに めをそむける



うち なんか わるいこと した?

うち なんか すてられてしまうような ひどいこと した?



なんでやのん

なんで なんも いうてくれへんのん



また あめふってきた

さむいわぁ

だれか

こえかけて

さみしいねん





うち なんで こんなとこに おるんやろ?




おしえて

だれか

おしえてよ




なぁ



なぁ



なぁ









































eyes0718.jpg




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村

追記

人に命があるように 物にも命や心があるはずです
車も共に助け合って暮らしてきた 家族や仲間と一緒だと。
せめて 最後には「ありがとう」と 送り出してあげるべきだと思うの・・・ですが。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3