悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「見えない指輪」
2008-02-29 Fri 23:55

eyes0221.jpg



「見えない指輪」



小さな手 

すこし熱があるの?

心配したよ

大切な人だから




甘えたくても 甘え方を知らない

言いたくても 言えない 純なところ

ひとつ ひとつが 新鮮で 眩くて
 



困った癖 忘れん坊 僕の名前も 呼ばない

そう言ったら

恥ずかしいの?




横 向いて 知らんぷり




そんなきみに プレゼント

忘れる事もない 失くす事もない 見えない指輪

小指に そっと はめてあげるね




もう これで きみは ぼくのものだよ

逃げたくても 無理かな

そう言うと




薄紅色の頬 茜色に染まったね




僕の指にも 

お揃いの ペアリング するね

でも 名前 呼ばないと しないよ って 意地悪した




困った顔

ほっぺ ふくらまして べそかいたような 顔

可愛くて  堪らないよ




すこし 沈黙 見つめる 瞳が うるんでいる




覚悟を決めたような 顔 きりりと

ふぅぅ って 息 吐いた




唇 すこし尖らして 

名前 言ってくれたね

耳まで 茜色に染まったね




約束 守るよ 小指に ペアリング嵌めた




はい

ぼくは きみのものだよ 

そう 言うと




きみは 恥ずかしそうに また 知らんぷり




これで 小指を つないで 歩いているときも

どんなに 遠くに 離れて いるときも

心は ひとつに 繋がって いるね




ふたりだけにしか

見えない

愛色の 指輪 




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記17/01/16
MV 曲をブログ内に載せました。
沢井美空 『指輪~あたし、今日、結婚します。~Wedding ver.』

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「きみは ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ」
2008-02-28 Thu 22:11

eyes0325.jpg


「きみは ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ」



きみは

ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ




たくさんの ひとびとの なかの たいせつな ひとり なんだよ

なにも できないなんて そんなに やけっぱなちに ならなくても だいじょうぶだよ




ほかのひとも おなじ なにもできない あんあんしてよ

ただ おなじこと できることが ひとつだけ あるとしたら

泣くこと ただ それだけ




ひとりで 

みんなで

たくさんのひとと

泣くこと ただ それだけ




だから 

きみは ひとり ぼっち なんかじゃ ないんだよ

いっしょに なみだを ながす

ともだち なんだよ




だから 

きみの そばに すわっても いいかな

こんな なにもできない ぼくだけど

きみと いっしょに 泣くことだけは できるから




いままでにあった かなしいこと くやしいこと どうしようもないこと 

おもいだしてごらんよ ぼくも おもいだして 泣くよ はずかしがらずにね

いっしょに 泣いて 泣いて 泣きぬれてみようよ

泣き虫 ともだち これって かっこいいかもね




あは やっと 笑ってくれた 

その 笑顔 ぼくのものだよ

だって もう ともだちだって それが しょうこ だよ




ねぇ これから いっしょに 歩いてくれる 

ぼくも いっしょに 歩くから

きみの えがおと なきがお ともだちって しょうこだよ




いままで ずっと ひとりぽっち だったんだ

きみも ぼくも

やっと ふたりに なれたね これからは はなしも できるね

うれしいよ 




すごいね はなしが できるなんて ふたりって あったかいね

笑いながら 泣けるなんて あるんだね 生まれて はじめて 知ったよ

うれしくて 泣けるなんて あるんだね 生まれて はじめた 知ったよ

幸せ って きもち はじめて 知ったよ

ねぇ これからは ずっと ともだちで いようね 




ふたり って すごいね つめたい手と あたたかい手と かさねあわせたら

おなじ あたたかさに なれたね

涙も こんなに 温かいって うまれて はじめて 知ったよ 

笑顔も ほっぺが 温かくなるなんて うまれて はじめて 知ったよ





もう ともだち だね

もう ともだち って しょうこだね

きみも ぼくも

笑ったり 泣いたり 話したり 一緒に 歩いて 行こうね




きみも ぼくも

もう

ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
ひとり の さびしさ 知っていますか? 
誰にも 声をかけてもらえない 愛してもらえない ひとりぼっちの空間 寒く凍える心・・
そんなとき
たった ひとり 傍に ひとりだけでも 居てくれたら 
今まで ひとりぽっちで できなかった事が たった ひとり 増えただけなのに・・

話す事出来るんです
目を見て 言葉を交わす事出来るんです 手を繋ぐ事も 握ってあげる事も
冷たい手も 心も 同じ 友だちの 温かさと 重ねあわす事 できるんです 
一緒に 笑い声 聞く事も 涙 見る事も 笑いあう事も 涙流しあう事も・・
ふたりなら・・

あなたの傍に さびしい人 居ませんか?
あなたが 初めての 友だちに なってあげませんか?

追記17/01/16
MV TRIPLANE「モノローグ」ブログに載せること出来ました。
感激。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

 

関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ケンが鳴いた」
2008-02-20 Wed 23:48
se_025.jpg


猫詩 「ケンが鳴いた」


学校から帰ると玄関に ちょこんと 迎えてくれた
おかえりと言うように 当たり前のように ニャーンと鳴いた

出かけるときも いつも玄関に ちょこんと 座っていた
行ってらっしゃいと言うように  当たり前のように ニャーンと鳴いた

仲がよくて いつも一緒 まるで 兄弟のように 育った
寝るときも起きるときも いつも一緒 ただ お風呂以外は

ご飯のときも いつも隣に ちょこんと 座った
ぼくのおかずを半分あげた ありがとうと言うように ぼくを見上げて ニャーンと鳴いた



ある日の事 いつものように 玄関に居るはずの ケンが居ない
胸騒ぎ 家の回りを探した 近くの公園も 学校も プールも

電話ボックスがあった その近くに行くと 聞こえた ニャーンと
ケンの声 間違いない 声のするほうへ 行った 草の茂みから また声が

ニャーンと 元気なく 弱弱しく ぼくを呼んだ 間違いなく ケンだ
ぼくを見つけた 見上げて 嬉しそうに 悲しそうに 鳴いた



信じられなかった ケンは 動けなかった もう 二度と 車にはねられたの?
家に 病院に でも ケンの 後ろ足は 二度と 動かなくなっていた 半身不随だった

ダンボールが ケンの 家になった 毛が抜けて でも ぼくを見ると 嬉しそうに鳴いた
朝 行ってらっしゃいと 鳴いた 帰ってきたら お帰りと 鳴いた ぼくも 泣いた

玄関でもなく 物干しでもなく 階段でもなく 段ボール箱の中でで ケンは 鳴いた



あるとき 近くの公園から 声が 聞こえた ニヤーンと まさか?ケンが 元気にここに?

ちいさな 子猫だった 捨てられたのだろう ぼくを見て 悲しそうに 鳴いた
堪らなくなって 家につれて帰った ケンが 怒るのかな?と 心配だったけれど

子猫 ケンをみて ファーッと怒って 毛を逆立てた ちいさいくせに 動けないケンを威嚇した
この子猫を 叱ろうとしたら ケンが 怒りもしないで ニヤーンと 優しく鳴いた



大丈夫だよ 怖くないよ ぼくは友達だよ ぼくは動けないから ヨロシクね って 鳴いた
ぼくは 最初 ケンが 怒るのではと 思っていた でも 違った
泣いた ケンが 優しすぎて 悲しくて 泣いた けんは 本当にいい猫だ って

それから 1ヵ月後・・

夕食の時 びっくりした ぼくの ぼくの ケンが ダンボール箱から 這い出してきた
ケン 元気になったの! ぼくの ひざに ちょこんと すわって まぁるくなった

うれしくて うれしくて 泣いた ケンも 鳴いた ニヤーンと嬉しそうに鳴いた
よかったね 元気になったの ぼくが泣くと けんも 鳴いた ニヤーンとj悲しそうに鳴いた

ダンボール箱に 返してあげた 
静かに 返してあげた 
ケンが いやだよ って
言っているように ニヤーンと鳴いた

また 明日 そう 声をかけた 
ケンは また すこし 寂しそうに ニヤーンと鳴いた










次の日 朝 ケンは 冷たくなっていた







ケンは 自分の 最後がわかったのだ 
だから ぼくの ところに きたんだ

最後の力を 振り絞って 
いっしょに 居たかったのだね

ケン 分からずに ごめんね 



でも ケンは 最後の最後 ぼくに  サヨナラ してくれたんだね
猫でさえも これだけの愛情で 生きて くれた

ケン いつまでも ぼくは わすれないよ 
ニヤーン と 鳴く 声 
ケンの優しさ 



最後の力を振り絞って ぼくのひざに来て お別れをしてくれたこと

いまも ケンは ぼくの こころになかに ずっと 生きているよ

いつまでも ケンは ぼくの こころのなかで 生き続けて いるよ



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
これは 実話です わたしとケンとの実話です。
トラ猫だったケン 黒と白で でも かおは こんなふうに とっても優しそうだった 
書くのを迷った。でも、ケンのためにも書いてあげたかった。ケンきっと見ているだろうな。

追記2017/01/14
脳梗塞になって、絶望的な1週間を過ごし、そして朝を迎えたとき、奇跡的に回復していた。
今までも、何度も人生の危機があった、今回も・・・
今までも、不思議なことに、問題が霧のように消えて無くなった。

今回もそうだった,看護師さんが驚いて先生を呼びに行った。
先生も、本当にこれだけ回復するのは。ほとんどないと。
点滴24時間のうち、1本がはずされた。また今までと同じように・・・
ケンと玉に助けられたのではと、思っています。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「花」
2008-02-16 Sat 23:34

eyes0247qq_20080216232830.jpg


「花」



きみに似た花 

みつけたよ



ひっそりと 控えめで 意地らして 可憐

風に吹かれても 微笑んでいるような

無邪気な 可愛さも 似ているね



体 弱いのに 人の事ばかり心配する そんなところも

でも 怒るなんて とても できないよ



もっと 自分を 大切にしなよ なんて

どうせ 言っても 笑顔で 返される

叱れないな やっぱり



小さくて 優しくて 働き者 

まるで 時を惜しむかのように



いつまでも 見つめていたい

こころが やすらぐ



この花を 

いつまでも

守って あげたい・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
この可愛い花の名前は、ひめつるそば(姫蔓蕎麦)です。
ちょっと普通のひめつるそばでは無いようです。
普通は全体がピンク色なのですが、この花は一部がピンクで、でも可愛くてこの写真に。
花言葉は 愛らしい 
この詩に似合っているようで、とても嬉しくなりました。 (*ゝ_●・)σ かわいいっ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

 


関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「旅立ち」
2008-02-08 Fri 23:38
eyes0187d.jpg



「旅立ち」



綿帽子くん

次の 風が きたら

旅立ちだね



「風 きたね」

「うん じゃ 行ってきます」

「はい 行ってらっしゃい・・」

そんな 会話 聞こえるような気がする



新しい命を 紡ぐために

最初で 最後の

サヨナラの言葉



親子

これが永遠の別れ 

生涯 二度と会うことは 無いんだね



自然の掟?

なんて

当たり前のように 言うけれど

人の世の甘さは 自然界には 無いんだよ



悲しいけれど 

綺麗な花 咲かすんだよ って

そう 声を かけてあげたくなったよ



綿帽子くん

優しい 風に乗って 飛んでおいき



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「恋 = 一」
2008-02-07 Thu 23:55
eyes0409.jpg




「恋 = 一」



髪短くて 可愛くて

学ラン着たら  きっと 男の子?

そばにいくと 困った顔して しらんぷり

嫌われてるんだと 思ってた



この子 きみが 好きだから 固まってるんだよ って 友の声



そんな きみ はにかんで

真っ赤になって 駆けだした

きみの名 呼んだ 

慌てて停まって ぼくをみた




振り返った その笑顔 可愛くて ぼくの 心 きみが 強奪



これが 恋?

きみの 笑顔に キュン❤

その笑顔 独り占め するんだ

いま 

恋 = 一 (恋 に 一直線)



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

02/08 今日「EasyPic」を訪問。
新しい写真がいっぱいで(o^▽^)o) この詩にぴったりの写真があったので、変更します。
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「杜よ」
2008-02-06 Wed 21:53
35257147.jpg




「杜よ」



杜よ


その雄大なる景色に 胸を打たれる

静寂の時が太古の昔から 止まったままのようで 心を奪われる


このまま そっと 目に焼き付けて 帰ろう

誰にも告げず 誰にも知られないように そっと 帰ろう


人は 愚かで 浅はかで 尊大だから

きっと この静けさを 打ち消して仕舞うだろう


世俗に汚れ 心ない人の足跡が きみを傷め 疵付けるだろう

このまま 永遠に 太古の姿のまま 生きつづけてほしい


振り返らず サヨナラも言わず 見た事さえ忘れよう

永遠の別れは 永遠の命を守ることだから


杜よ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記2017/01/17
写真を写真素材 フォトライブラリーさんに変更しました。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「灯」
2008-02-05 Tue 21:21
eyes0158.jpg



「灯」



深夜の公園

ひとつの ベンチを照らす 語らうひとのために

今は 誰も居ないのに そのひかりは 温かく見えたよ

優しく灯る 一すじの希望に見えたよ



ごめんね 何も気づかず いつも 通り過ぎていたね

冬の夜 だれも 来ないのに なんだか 意地らしくって 胸痛んだよ

綺麗だね 

清流にだけ棲む ホタルのように 優しいひかり

そして 儚い ひかりにもね



ひたすら好きな人を待つ 乙女の恋心のように ひかり 揺れて 震えて見えるから かな



でも さびしくないの? って 聞きたくなるんだ

でも 聞かないでおくよ 

きっと きみを 傷つける そんな 気がするから



闇の世界に 希望のひかり 与え続けるんだね 

命あるかぎり 温かなひかりを

何も言わず ひたすら ひとのために 生きる 

現世のホタル

きみの名は





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「また 明日も このバスに 乗るんだ❤」
2008-02-03 Sun 22:40
eyes0716q.jpg




「また 明日も このバスに 乗るんだ




学校帰り

ふたり

バスに

一番後ろ 左側の席 並んで 座った



きみが奥 僕が通路

いつもと同じ席

帰る時間ずらして この時間 バスには ふたりきり



田舎道 だから いい

揺れる 左右に 肩 ぼくに 触れる

ドキッとする 瞬間 



窓すこし開けた 長い髪 風に舞って ぼくに甘える



いつもは いろんな話 とめどなく流れるのに

今日は ふたり 無言



横顔 見詰めた きみ しらんぷり 

もっと 近づいて 見詰めた

ふいに きみ こっちみた




目を閉じた




ドキっと した 瞬間

空白の 三秒間 時間 止まった



触れた 一瞬



きみ 瞳 ひらいて ぼくをみた

唇がうごいた

「すき」

と 読めた

ぼくも

「すき」

と こたえた




また 静寂の一瞬


突然 クラクション 鳴った


ふたりの 専用バス 焼きもち妬いた?



笑った

ふたり 

顔見合わせて

笑った



顔 赤くなった ふたりの乗ってる バスのように



秘密だよ

お願い

明日 また 乗るから 怒らないで と

バスに 祈った



クラクション また鳴った バス 左右に揺れた



きっと 分かってくれた

ふたり 

また 仲良く くっついて

笑った



また 明日も このバスに 乗るんだ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「うち なんで こんなとこに おるんやろ?」
2008-02-02 Sat 20:49

「うち なんで こんなとこに おるんやろ?」



うち なんで こんなところに おるんやろ?



じゃまになったんやなぁ

あんだけ  かわいがってくれたのに

たいせつに してくれたのに

ポィ って 捨てられてしもうた



いっぱい がんばったのに

いっぱい 手助けしたのに

いっしょに どこへでも行ったのになぁ



あさ はようから よる おそうまで

どんだけ つかれてても もんくもいわんと がんばったのに なぁ



うち きがついたら こんなとこ 捨てられてた

かなしいなぁ なみだもでぇへん



とおるひと 見るだけや

だぁれも たすけてくれへん

しらんぷりや



まるで きたないもん みるみたいに めをそむける



うち なんか わるいこと した?

うち なんか すてられてしまうような ひどいこと した?



なんでやのん

なんで なんも いうてくれへんのん



また あめふってきた

さむいわぁ

だれか

こえかけて

さみしいねん





うち なんで こんなとこに おるんやろ?




おしえて

だれか

おしえてよ




なぁ



なぁ



なぁ









































eyes0718.jpg




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記

人に命があるように 物にも命や心があるはずです
車も共に助け合って暮らしてきた 家族や仲間と一緒だと。
せめて 最後には「ありがとう」と 送り出してあげるべきだと思うの・・・ですが。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3