悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
純愛詩「サヨナラ 弱虫」
2008-01-17 Thu 16:02

eyes0185.jpg




「サヨナラ 弱虫」



小さな公園 悪い奴らに からまれた
木蔭に連れられ 殴られた
助けてくれたのは きみ
そんなぼくを 笑わなかったのは きみひとり



渡された白いハンカチ 赤い斑点汚した
ありがとう って 返そうとしたら
今度は誰かを 守れるようになった時
その時に 返してと



無理だよ と 言おうとしたら
きみになら できるよ 信じているよ
雫 流れて ハンカチ赤くにじんだ
その言葉 どれだけぼくに 勇気くれたか



逃げてばかり 下向いていて
上を向いたら 空がある事なんて 知らなかった
弱虫 って きみだけは 言わなかった
信じてくれたんだ 強くなる事を



いい訳ばかり そんな毎日
上を向いたら 星があるなんて 知らなかった
凍える公園 白い息 きみの笑顔
信じてくれたんだ 強くなる事を



きみになら できるよ 信じているよ
その言葉 どれだけぼくに 勇気くれたか


負けないよ  強くなるよ きみのために
信じれてくれた きみのために



サヨナラ するよ 弱虫に
きみを 守れる自信出来たら
ありがとうの 言葉と共に ハンカチ返すよ
きみを 一生守りたい その言葉と一緒に



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

 

関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3