悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「命」
2008-01-15 Tue 21:34

eyes0412.jpg




「命」



ちいさくても 命

みじかくても 命


こうして出逢えて

一緒に暮らして




幸せを いっぱい もらっているのに


返せるのは ちいさなキャベツ だけ


それでも 嬉しそうに 頬ばる姿




ちいさな 体から

おおきな 幸せを 

いっぱいもらっているよ



ありがとう



長生きするんだよ



お願いだから



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

みなさんも 自分の命
ちいさな 命を大切に

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「最後」
2008-01-14 Mon 18:08

eyes0187d_20081210172045.jpg


「最後」


ねぇ?
って
相談を受けた


ねぇ?
わたしっていつも最後にされるの
なんで?
最初じゃないんだろう?
って


聞いた
そして
話した


うん
ぼくも
きっと
最後にするよ
って
言った


え?
って
顔した
何で?
って
悲しそうな顔した


だから
言った


大切にしているから
大切にしたいから
一番好きだから
一番傍に居たいから
一番傍に居て欲しいから

だから 最後

後の時間
気にしないで
ずっと傍に居る事
出来るだろ

って





にこ って


笑った


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「声」
2008-01-13 Sun 20:40

eyes0198.jpg


「声」


ぼく は 蟻

王様のように歩く
お花の道の真ん中を 
さっそうと黒いマントを着て歩く

歓声がする
風が囃し立てる
お花が微笑む

「かっこいいね」 って

でも
聞こえた
誰かが
ぼくの事を

「裸の大将だね」って

「なんで?」って 

声も聞こえた

誰かが答えた

「それはね
あの蟻が賢い虫なら
花の陰をこっそり歩くよ
わざわざ
鳥のえさになるように道の真ん中を
歩いてるんだから
可笑しいよ」

って

それを聞いて
悔しかった
なんだか 腹が立って 
怒りながら歩いた
ぼく は 王様だぞ

誰かの声 聞こえたから って
花の陰を歩くなんて できないや

もっと 大きく手を振った
もっと もっと
道のど真ん中 さっそうと 歩いた

でも すこし気になった

そうだ
あの花の所まで行ったら
一休みするふりして
そこで考えよう

ここで花の陰に隠れたら 
王様じゃなくなるから

うん


ひとりで納得した



その時

黒い影  空から
鋭いくちばしで 
ひとくち

ぼく
消えちゃった


聞こえた時
素直に聞いていればよかった


誰かの声
自分のためへの声



いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「後ろを振り返ってごらん」
2008-01-11 Fri 23:08

eyes0286.jpg


「後ろを振り返ってごらん」


どうしたの?

悲しそうな顔して

ひとりポッチだなんて

そんなことないよ



ほら




後ろを




振り返ってごらん


eyes0170.jpg





ひとりじゃ


ないだろ



いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「気づく」
2008-01-10 Thu 11:07

eyes0315.jpg


「気づく」


困った顔の人みて 言葉掛ける

優しく無理させないように気を配りながら

励ます言葉 掛ける

でも

励まされているのは

自分だったんだと

気づく




言葉で変わっていく人を見て

自分もうれしくなったりして 変わる

だから

自分で自分を励ましているんだと

気づく

言葉を掛けている相手に励まされているんだと

気づく

自分がその言葉を掛けて欲しいんだと 

気づく




だから

人を励ましているんじゃなくて

結局は

自分を励ましているのかもしれないと

気づく



いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

 

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「積雪」
2008-01-09 Wed 22:07

h28.jpg



「積雪」





雪が降る

君の心に

真っ白な銀世界

悲しみは雪に埋もれたよ

さぁ

新しい一歩

踏み出してみよう

君ならできるよ

きっとね


いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


この写真は「恒雪文化さまの雪景色画像集NO1」からお借りしました。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「不当判決」
2008-01-08 Tue 23:38
eyes0174.jpg


「不当判決」


福岡3児死亡事故

裁判所は判決を下した
たった7年半 

幼子の一生を 
3人の命を奪いながら

いつもの台詞?
を裁判長は言った

「一生かけて罪を償ってほしい」と

なら
私は
人間の顔で現れた悪魔を

一生刑務所に入れて置いてくださいと 言いたい



eyes0788.jpg






同じ水なのに

幼子は水に溺れて死んだ

悪魔は飲酒量をごまかそうと 水をがぶ飲みして現れた




「人の顔をした悪魔」

運命の夜
悪魔に魅入られたように
運命の時が重なった
あの夜
幼子の夢が消えた
家族の笑顔が消えた
幸せな家族に忍び寄る黒い影
幸せな家庭が崩壊した瞬間

人の顔をした悪魔が酒に酔い 車ごと突き飛ばした 
どれだけのスピードを出せば こうなるのか 信じられない
助ける事も無く 救助を呼ぶ事も無く 卑怯にも逃げた
生きたまま 水に呑まれ そして海中に消えた幼子
まだ1歳 3歳 4歳だった
悪魔は水をがぶ飲みして 酒の基準値を下げ
人間のような顔をして現れた
3人もの命を奪った後に のうのうと

その後
両親はどれだけ苦しんだのだろう
あの日 あの夜 あの時を
自分を責める そんな事の繰り返し
それなのに
下ったのは 不当判決
まだ苦しめる気なのだろうか?


eyes0174.jpg




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫


09/05/15 23:32
追記
まさか、この判決が今日だったとは・・
もし、それを知っていたら、ブログを一日休むのを待てばよかったと。
悔やんだ。

そして、判決
私にとっては当然の、念願の判決が下りた。

「危険運転致死傷罪」適用。

しかし・・
求刑は25年。
判決は20年。

まだ、許せない気持がある・・

何故25年の判決が下りなかったのか??

もしも?
途中で?
模範囚などと?
量刑が下げられ、刑期を終えることなく、出てくる可能性があるから・・

幼子を3人も無残にも酒酔い運転で奪い
救助もせず
救急も呼ばず
逃げ
車が動かなくなったために
友人に連絡をし水を持ってこさせ
水をがぶ飲みし
水を飲み酒量を分らないようにしようとし
その
友人に身代わりまで頼んだ卑劣な奴

でも、
すこしだけ
すこしだけ
悔しさが収まった

私が書いた記事
この記事だけが
未だにコメントが0です・・




雫です。
今日帰って
日本ブログ村ランキングを見たら
OUTポイントが110にもなっている・・?
確か全て記事とランキングもはずしたはずなのに・・

ありがとうございます
こんなにも応援してもらって・・

そのための感謝の気持と
私自身のこの記事の一応の区切りがついたので
一日だけ?ここにまた再掲しておきます・・
コメント欄も開けておきます
書いていただいたらお返事も書きます

訪問、応援してくださいましたみなさま・・
ありがとうございます。

雫。


関連記事

危険運転致死傷罪げ適用された判決もある

故意犯の危険運転致死傷罪 立証困難、判断もばらつき

最後に
上記記事をこのページにリンクしました。
記事作成者に連絡が取りようも無く、いつ消えてしまうか分からないため
今。
この時を逃してはいけないと乗せています。
無断で記事をリンクした事をお詫びしますと共に、
このような判決があった事を教えて頂いて感謝しています。



次のページには詩を書いています。
でも 見ないほうがいいと思います
出来る事ならこんな詩は一生書きたくなかった
書いたけれど自分でも読みたいとは思いません
★ 心痛詩「不当判決」の続きを読む
関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
希望詩(夢追人)「夢を諦めなかった少年」
2008-01-08 Tue 00:00
eyes0815.jpg





「夢を諦めなかった少年」






でも
その夢は
叶うはずの無い夢だった


幼き日 楽しいはずの 泥遊び 
投げられた 泥・・左目に
痛み 堪えた 病院には行けなかった 
そして 親にも言えなかった


8人兄弟 次男 裕福とはいえない家庭 
目の痛みよりも 見えなくなる事の恐怖よりも
言い出せない心の痛みに 
ひとり 涙した


治療の金は無かった
左目  ほとんど見えなくなった 


でも
でも
いじけてなんか いなかった


それは
可愛いらしい 少年の 

あったから・・


しかし
それは


夢 


果てしない 


叶えられないはずの 




少年の 夢は 

ボクサー 

世界チャンピオン


なれるはず なかった
見えない左目 
視力テスト 通るはず なかった・・




諦めきれない 

願いこめても 届かないはずの 夢


執念 
必死
夢を叶えるため


見た 覚えた 視力用紙を
何度も
何度も
試した


かすんだ視力用紙
指差して
下 右 上
覚えた
 
丸暗記・・


聞き届けてもらえない はずの

少年にとっては 生きがい


執念
ボクサー試験
難問 
視力試験




ボクサー試験 受験。。



・・・・・・・・・



eyes0212.jpg





奇跡 起こった




その願い 聞き届けられた



ボクサー試験 
合格
少年の夢が 叶った瞬間



叶った
ぼくもボクサー


でも
片目の ボクサー
でも それは 
誰にも秘密


でも
しかし
やっぱり
見えない左目


夢の始まりは
試練の始まりでもあった


ボクサーにとっては致命的なこと
片目のボクサー


戦った


見えない 敵に 向かって パンチを出す
空振り
相手は 後ろに いるのに 
パンチ 繰り出す


当たらない 届かない 距離感がわからない


殴られて 初めてそこにいる 相手が居る事 




分かった!!!!




そう
殴られたらいい


相手は パンチの先に 
居るんだ
必ず


片目で探した 相手を


見えない
だから
考えた

傍に行けば パンチ 当たる


傍に

先に殴らせて 居場所を知る


その方法しかなかった
パンチをわずかにかわす
そして
パンチに向かってパンチを繰り出す



ボクサーにだけ見える その夢 見えない瞳で・・チャンピオンの 夢


殴られても 殴られても
前に進んでいく 
対戦相手見えないから 
拳の痛さは 誰よりも知っている


クラウチングすると 
きっと 言う

「効いてないぜ お前のパンチ・・」

おびえる相手 心理戦も


真っ赤に腫上がった顔 
崩れるような瞼
殴られても 殴られても 
前に進むだけ


そして
勝利
勝利
勝利


日本フライ級王座 
挑戦
10ラウンド 
判定勝ち



日本フライ級チャンピオン

なった


片目のボクサー




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/02/16
この詩は
2008/01/08に投稿した過去詩です。
9年前に書いた詩です。
詩 少し書き直しています。
今までは希望詩で表示していたのですが、
これは実際のモデルがいて、その夢を叶えた物語だから
希望を書く詩と、本人を題材に詩に書く違いあると。
その為カテゴリー希望詩(夢追人)として追加しました。。雫。。

追伸
初めて(夢追人)を書きました。
夢を諦め無い人に、スポットを当てたいと思います。

今回は1回目
彼の名前は「たこ 八郎」さん

彼は ちばてつや の漫画
「あしたのジョー」
のモデルだとも言われている

最終戦績は 34勝(11KO)8敗1分 でした。

下記 参考資料を元に この作品を書きました。
参考元 Wikipedia  

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
心痛詩「風に揺れるブランコ」
2008-01-07 Mon 23:24

eyes0123.jpg



「風に揺れるブランコ」



日の暮れが早くて
夕日が傾くころには
もう公園には誰も居ない


風に
揺れる
ブランコ
今日は誰と遊んだの?

今日はね誰も乗ってくれなかった
昨日も・・
一昨日も・・
ずっとだよ・・

哀しそうな声で
ブランコ

答えた


危ないよ
怪我をするよ
幼子の母親が駄目だよ


冒険も
怪我の痛みも
知ったほうがいいのにね


そう
ブランコ

つぶやいた


哀しそうな声に
思わず
ブランコに
飛び乗った

大きくこいで
怖いぐらいにこいで
地上と空がすぐ傍に感じられて
恐怖と冒険にドキドキ

そしてジャンプ
着地失敗!!
尻もちついて
ブランコに笑われた


また
公園に来たら
君に乗るよ
風だけ乗せたらだめだよ って

ブランコ
うれしそうに
うれしそうに
風に揺れた・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

 

関連記事
別窓 | 心痛詩 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「陽だまりに咲く猫」
2008-01-06 Sun 23:59

se_027.jpg




「陽だまりに咲く猫」




陽だまりに咲く花のように

もうすこし可愛く居てくれよと

そう思う

願いは空しい





その姿を見ると・・




ホッとするやら

あきれ返るやら




まぁ

仕方ないな



こんな家で良かったら

いつまでもそのままで

 

居ておくれ・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村

追記
残念ながら、このニャンコちゃんの写真は我が家の猫ではありません。
EasyPicさんのところでこの写真を発見。
おんぼろの我が家でも、ニャンにも文句も言わずに住んでいた。
陽だまりができる暖かい部屋があって、こんな風にいつもしていたな、って。。ww

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 猫恋詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3