悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
想い出「正しい嘘」
2012-09-18 Tue 23:59
8079105.jpg


「正しい嘘」


『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)
子供のころ、紙芝居で見ました。
この物語が強烈な印象を与えてくれました。

この物語を私達に選び、話してくれたのは
小4年生、担任S先生。
とても素敵な優しい女性教師でした。



ジャン・ヴァルジャンの物語
貧困に耐え切れず、
たった1本のパンを盗んだ罪で19年も服役していた。


ジャン・ヴァルジャンは、人が信じられなかった。
貧しさに飢え、風雨にさらされ汚れきった服を纏い、
貧しさゆえ、文字も知識も教育も、何一つ受けることの出来なかった。


そんな彼に向けられる蔑まれる視線。
ただ、貧しいだけで、何一つ悪いことなどしてはいないのに・・。
それなのに、たった一本のパンを盗んだと、19年の刑をうけた・・。
そして服役して出てきた、その日・・
身よりも金もない彼は・・司教館を訪ねた。


そんな彼を、司教は暖かく迎えた。
なのにその夜、彼は司教が大切にしていた、銀の皿を盗んだ。
そして逃げた。


彼は憲兵に捕まり司教の下へ。
司教は怒り、失望の言葉を吐くのかと思ったら、そうではなかった。


「この食器は、彼にあげたものなのです」と、


盗んだというのは、間違いだと、彼を釈放させた。


何故、初めて会った、こんな私を・・
ジャン・ヴァルジャンは、自分のしたことを
本心から、悪かったのだと悟った。


人を信じることが、初めて出来たのかもしれない。
そんな彼に、
さらに、二本の銀の燭台をも彼に差し出した・・。
どうぞ、お持ちなさい、と。
ジャン・ヴァルジャンが、初めてひとりの人として
暖かく見守る人が居ることを、知った。




この、紙芝居を見て、本当に衝撃を受けた。
口先だけの、実体のない言葉で
「悪いことをしてはいけません」
「人のものを盗んではいけません」
何万回言われても、ここまで心に届かなかっただろうと。



子供心にも、司教のその優しさ、
広い心、感動し、太陽の心を知った。

そして、嘘はいけないけれど、
人を守る為の嘘は許されるのだと、分かった。

だから、そのことを、自分の子供にも、教えました。

嘘はいけない、しかし人を守り、許す嘘はついてもいいのだと。
そんな嘘ならどんどん嘘をつきなさい、
99人が嘘つきだとさげすんでも、
たった1人の人を助けることの出来る嘘なら、
それは正しい嘘なのだと。




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
人の命を、
自分の命、家族の命、大切な人の命と、同じ気持ちで見守れないのかと・・
特に、最近の事件は悔しい気持ちでいっぱいになります。

私は、自分がされて嫌な事は、人にはしない。
自分がされて嬉しいことは、人にもしてあげたい。
それを、信条のひとつにしています。
そんな当たり前のこと、当然なことが為されていない。

道徳教育、家庭の躾、優しさの本質等を誰も教えない。
いや、教えられないのでしょうね、
知らないことは、教えることは出来ないのだから

私が幸運にも、小学校4年で担任になった
S先生のような先生が
みなさんの傍に居ることを願っています・・雫。。

追記
そして、この記憶を鮮やかに甦らせてくれた、
引き出してくれるコメントを書いていただいた
不思議な不正義」管理者 : 荒野鷹虎 様に、
遅ればせながら、深く御礼申し上げます。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
★ 想い出「正しい嘘」の続きを読む
別窓 | 想い出 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
想い出「びわの生る家」
2010-01-04 Mon 23:59
9216174.jpg




「びわの生る家」



幼稚園に上がる前、和歌山に引っ越した。


そして小学校。
校区のはずれだったのか、とても遠かった。
大きな交差点には踏み切りがあった、てくてく歩いた。


途中にロシア人のおばちゃんが住んでいる家があった。
金髪で眼鏡をかけ、すこし太った、とても優しいおばちゃんだった。


大きな一本のびわの木があった。


びわの実が熟してくる頃、家の前で声をかけられ「びわ」を貰った、
とても優しい目をしていた。

優しかった・・
そして きっと 淋しかった・・

登下校の時間に いつも玄関に立ち 僕を 出迎えてくれた
格子戸はいつも開いていて 僕を迎え入れてくれた
びわの木も 僕が行くと 木の葉を揺らした・・

確か、ロシアのおばちゃんには子供が居なかった。
今考えれば、その質問がおばちゃんを傷つけていた。


子供のことを聞いたとき、とても淋しい目になった。


でも、僕には別の考えがあったのだ・・・


この人の子供になれたら・・・そう、思っていた自分が居た。
子供が家庭を自分で選べるようになったら、と・・・


不可能な夢や希望を胸にしまい込んだ。


今も時々「びわ」を食べると思い出す。

優しいロシアのおばちゃんの顔を・・
優しく澄んだ灰色の瞳を・・

そして、どうしても言えなかった言葉・・

「僕をおばちゃんの 子供に・・して・・」って




・・・・・・・・・・・・




小3 大阪に引っ越すことが決まった 

その日・・
真っ先に ロシアのおばちゃんの 家に行った

夏休みも もうすぐ 終わるころ・・

びわの木の葉が 風に揺れていた
格子戸は 閉まったまま・・

声 かけられなかった・・

どうしても 言えなかった あの灰色の大きな瞳から 流れる涙 見たく無かったから・・

小さな声で 言った

「ロシアのおばちゃん」って

その声は・・届くはずもなかった・・


もう ここに 来れないのかと思うと・・
涙が雫のように頬を伝って 流れた・・

歩いた 数歩・・
振り返った・・
ロシアのおばちゃんが 立っているような気がして・・


びわの木の葉が 風に揺れていた
僕に さよならと 言うように・・
手を振っているように 見えた・・



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



^追記
こんなこともあったなぁ・・と。
思い出しながら書きました。
自分の幼い時のことなのですが
ナィーブな少年だったように思います。

兄弟が多かったのに、仲の良かったのは上から三番目の兄が一番で・・
年が離れていたから、遊んでもらえなかったり
私の何故?に答えてもらえなかったりして

だから
大人になったら、私の子供や近所の子供たちが「何?何故?」と問いかけたら
絶対に答えてあげようと遊んであげようと・・
まだ小1ぐらいで考えていたような気がしますね。

だから?
野山に遊びに行っては、野の草や花に声をかけたり
緑のじゅうたんに寝そべって、雲に声をかけ風と話をした・・
そんなことを、今、思い出していました。

他の家庭の子供になりたい・・そんなことを考えていた
だからこそ、いい父親にだけはなろうと思っていた
そんなすこし変わった?幼児期の想い出です。。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 想い出 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
想い出「保育所のお迎えは涙の味がする」
2009-06-11 Thu 19:57
5847867.jpg




「保育所のお迎えは涙の味がする」




待たせたかな そんな思いで 今日もお迎え



小さな鍵がかかった扉を開ける 
ちっちゃな 門番さんがお出迎え 

知ってるよ おじさん って 目をしてくれた
でもね 何も言わないんだ 
ただ 見つめるだけ 恥ずかしそうにしている

でもね 視線はこちらを向いたまま 
悲しげで 寂しげで 胸が痛むよ





内玄関を開けると ギィーと 音がするんだ
それが合図
奥の部屋 騒がしかった子供たちが静まり返る・・




みんなの視線を 独り占め 



僕かな?
私よ!
お迎えは・・



そんな視線が心に痛い



ごめんね 
がっかりさせて みんなのお母さんじゃなくて 
ごめんね



そう 心で謝った



私だと分かってちょっぴり 静かに なった部屋 
その視線の 一人一人に 心の中から話しかけるよ 



見慣れた顔 
腕白さんは あぁ まだ居るな 
やんちゃさんは あぁ 奥にいた
泣き虫さんはどこかな いたいた 
よかった 今日は泣いてないね って ホッとして



出迎えてくれる その顔が まるで自分の子供すべてのようで
いつの間にか覚えてしまった 
名前も 性格も 仕草もね・・



「miimiiちゃん お父さん お迎えだよ」って 先生が 声を上げた


そんなこと 分かってるよ ってな顔をして もう帰り支度始めてる
ほかの子は珍しいのかな 男の人が 傍に寄りたくても ちょっぴり遠慮
声かけたくても 瞳だけが大きくなって また隅に引っ込んだ年少さん



ここに迎えに来るお父さんは 私と外国人のRさんだけ・・
仕事でお迎えにこれないお父さんもたくさん居るけど
半分はお母さんだけの家庭・・ だから お父さんって 興味津々





だから・・
だから・・
心が痛い・・





帰り道 いつものように 自転車の 前椅子に乗せて
友達と一緒に帰ったその時に 仲良しのお母さんが 声を上げた

「ね miimiiちゃんって おかあさんのお迎えの時と顔が違うね」って
「むっちゃ嬉しそうだよ」 って 分からなくてきょとんとしてると
確かに嬉しそうな顔 良かったかな って そして 嬉しくて・・




でもね・・ 
でもね・・
心が痛い・・





お迎えが だんだん 心に引っかかる 
子供の視線が 引っかかる・・

ねぇ なんで?家には お父さん 居てへんの?って 
お母さんを困らせているような気がして・・



だから お迎え だんだん だんだん 遅くなっていった



その分 他の子の悲しい顔を見なくてすむから 
がっかりした顔見なくて済むから・・





ある日 仕事で話し込み 気づいたら 
あと10分で門が閉まる
慌てて電話 車を飛ばして 門を開けた 


内扉が またギィー って


暗い部屋の 奥に ひとり 
べそかいて 待っていた miimii・・・・


明日は 早く来るよって 抱きしめたら また泣いた 

ごめんね ごめんね・・
ただ謝るだけだった・・






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記
今日は娘の誕生日です。
保育所の想い出です。
幼い子がたくさん、クルンとした瞳、純粋な輝きでいつもそこに居た。
でも、淋しそうな瞳がそこにあることに。

男の人が珍しく、そして迎えに行くのが、その子達の心を、傷めているようで・・

だから、一番に迎えに行っていたのに、いつの間にか一番最後になっていた・・
淋しかっただろうな・・と、今考えたら・・可哀そうなことをしたな・・娘に。。。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。




追記Ⅱ 21/06/11 19:55
突然の更新。
今日は特別。
でも、申し訳ありませんが、更新は今日だけに。
土曜日が休みになりました。娘とふたり金曜の夜から、また食事に。

だから、まだ決めて居ませんが・・土曜日の終わりに、またお休みに・・
この詩もブログ内にしまう予定でいます。

みなさまへ・・
お休みしている間にも、0ではなく、たくさん訪問してくれているようで・・
本当にありがとうございます。感謝の気持でいっぱいです。
ただ、更新し、コメントのお返事を書いたり、訪問する時間はやはり無いようです・・
だから、また突然?こんな日が来ないとも限りませんが・・。まず、無理だと思います。

そして、雫のナミダに訪問、コメント、ランキング応援、本当にありがとうございます。。雫。

追記H21/08/13 17:29
長い間、コメントのお返事も書けずにそのままにしていて
本当に申し訳ありませんでした。
少しだけ時間が出来たので、何とかお返事を今から書きたいと思っています。

パソは壊れたままです。もう一台のパソで書いていきます。
なお、書いていたように「雫にサヨナラ」は、しばらくお休みをします。
来週の火曜日から木曜日までの、毎週3日間は少しだけ帰宅時間が短くなりました。
そのため、時間があるときになりますが「雫のナミダ」を時々更新できたらと思っています。
また、時間があるときは、訪問いて頂ければ幸いです。

皆様のご健勝を願っています。雫。。

別窓 | 想い出 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
想い出「誕生日Ⅱ」
2009-02-03 Tue 23:58
25eaf3143_20090203223845.jpg




「誕生Ⅱ」




雪の降る日 病院から電話 喜びと不安 受話器を取った

来てくれますか と 先生から

車で 急がず 慌てず 途中 体が浮いているような気がした



もうすぐ 会える 新しい命に 希望 でも やっぱり不安も

着いた病院 もどかしく車庫に

雪 降っている 今日の仕事 キャンセルの電話 理由も



お客さん 了解と いつでもいいからと でも 今日が締切日

でも 我が子 優先 最優先

遅くなったら 会社の仲間に頼もうと 気持ち切り替え






病室にママ 苦しそうな 息づかい 同じ息つぎ 隣で一緒に

途中 代わった 実母に

でも すぐに出てきた 心配で 見ていられないと 即 交代 



また 病室に 息つぎを することと 傍に いることしかできない

男の限界 無力さを 知る

でも 励ましの言葉 気持ちを落ち着かせようと 何度も



数時間後 やっと産室準備室に あとは 待つだけですよ と

窓の外は 雪が 静かに

積もり始めた雪が 樹を白く包む 産着の白さに見えた







祈った ただひたすら 命を守ってと ただ時が過ぎるだけ 

半時間ぐらい? 数年にも感じた

看護婦さんが 私を見つけて 産室準備室に 来てくださいと告げた



何事も無い事だけ 祈る ただ それしかできないもどかしさ

もうすぐですと 告げた 神の声にも 聞こえた 

大丈夫ですか?の問いに はい と 看護婦さんは やはり 天使だと思った


やっと入れた でもそこからが また長かった 

時は長く 永遠に感じた

こんなにも 時間が進むのが 遅く感じた事はなかった






やっと入れた産室準備室 しばらくすると 産声 聞こえた

ガッツポーズ! でも すぐに思った

我が子とは 限らない 大病院だから 他の子かも



看護婦さんが 産室から 小さな命を包んできた

パパですね おめでとう と 渡された

命の重み この腕に 我が子が  初めての対面 父になった瞬間



顔を見た 私に似ている?! 目 鼻 口 

紅葉のような手 小さくて 赤い

指を添えると 握り締めてくれた ナミダ 出そうになった






利き腕に 頭を載せて渡された 抱っこしずらくて とても困った

だから 手が 体が 固まる

喜びも 嬉しさも 一杯 でも それ以上に 落とさないようにと 力が入った



退院 実家に 毎日の訪問 日々成長? 気が早い おじいちゃんたち

顔をのぞきこむ 寝ている

不思議な感覚 安らぎ 自然と出る笑顔 子は宝は 本当



初風呂 温度40℃きっちり 体温計 何度も確認

三人がかりで あれやこれや 

腰が痛くなる 湯船に入れる 風邪をひかすな もう 大変






深夜になると 起き出して 遊び出した

深夜族?パパにそっくり

翌日の仕事 頭に浮かぶが 苦笑で消した



ミルク 二時間おきに 作って 飲ませた

だから 体内時計が 形状記憶?

暫くは 二時間以上 寝れない 癖がついたよ



なんでも かんでも 初体験 おっかな びっくり こなしたよ

病気 高熱 見ていられなくて

自分が代わってあげたいと 何度も 願った 思ったよ







笑ったと 写真 ビデオ はいはいしたと 日記 もう過保護状態

立った 歩いた 一歩一歩

すごい もう芸能人状態 フラッシュたかれて びっくり顔 可愛い



幼稚園 おすまし顔 私の昔にそっくり 古い写真と見比べて にっこり

大人しい そこが 似ていないww

ひな壇に並んだ 顔 顔 顔 我が子が 一番可愛いと 勝手に また にっこり



いつしか ピカピカの一年生 授業参観 運動会 何でも参加

皆勤賞の父親は 私だけ

ママさんたちのなかで 一人 目だった 父だったかも






いいお父さんですね と 先生達から いやとんでもないと 言ったけれど

心の中では はい 当然 と 答えていた

絵が上手 私と違う そこが また 自慢の種になった 周囲は聞くのが大変だった?



入学 卒業 ビデオの脚立て プロのよう だから いつでも 許可いらず

そんなことを しているから

最初に 憶えられた 先生達に だから 息子も大変だった?ww



いろんな ことが あったけど 今日は 目出度い 愛でたい 誕生日

娘が 言った 顔が パパにそっくり 

それが 一番 嬉しくて 元気に 育って感謝して 何度も祝おう 誕生日




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この詩にあう曲を探していたけれど、見つからずに。
もう無いだろうと、諦めかけていたら・・ありました。だから、遅くなったけれど、載せます。02/04

追記
今日は息子の誕生日。
投稿時間23:58。何とか本日に間に合った。今の今まで書いていました。
元気に育った事だけで、本当に感謝感謝の言葉だけです。
大人しい、本当にいい子に育って、嬉しいですね。(私に似ないで、良かったかもww)
あと、今日、何もしてあげられなかったので、詩をプレゼントで許して欲しいな。雫。

産室には入って居ません、とても心配で見て居られなくて入れません。
だから、産室前の部屋を 産室準備室と 勝手にうる覚えの名前を使って居ます。

関連詩(誕生日繋がり)

生命詩 2008-01-03 Thu 06:17 「誕生


この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
別窓 | 想い出 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
想い出「くっつき虫」 娘へ
2008-06-11 Wed 20:19
eyes0230_20080611195432.jpg




「くっつき虫」 娘へ



生きている 心

生きていこうとしている 体

生きて行かなければいけない 末来

すべてが きみのもので きみの全てになるよ



ちっぽけに 生まれて

ミルクをほおばり 離乳食 ごはんも むしゃむしゃ

何もかもが ちっぽけだったのに すこしずつ 大きくなったね



はいはいして 伝い歩き 歩行器 歩き出しても

くっつき虫みたいに いつも 後を追いかけてきた 

ビデオ 撮っても いつも くっつき虫 

だから いつも アップばかりで 鼻しか 写っていなかったね




火傷に 喘息 インフルエンザ 入院 色々あったね

小1で 入院は ひとりぼっち でも がまん 偉かったね

帰るとき 困ったよ なぜって こっちが 悲しくなったよ

退院 何しよ すぐに 言ったね 焼肉 いっぱい って




お弁当 真っ黒のたまご焼き 学校で

友だち おそるおそる ほおばったよ って 報告

から揚げ 焼肉 ステーキ 大の肉好き

その時 誰にも やらずに ぜんぶ ペロリと食べたって 報告




いつもの ただいま そんな声 聞こえたけれど

そのまま 部屋へ きっと 何か あったと 待っていた

そっと ドア開け もう目が うるうるで 泣きべそ 

こんなこと あったんだよ って 報告 ありがとうね




それから いままで いろいろ あって いっぱい あって

いつもの会話は 今日のご飯は 何にする?

困った事に 食事の好みが 正反対 野菜嫌いに 参ったよ 

でも ふたりで買い物 別々 買って 赤字続き




パソコン二台 並んでいっしょ くっつき虫は 放送中 DJ人気で 歌うたう

ぼくは となりで 時々 飛びいり 今の声は 誰ですか?って 

リスナーからの 質問いっぱい 私の パパです 変でごめんと 言ったけど

いまでは 私も 準レギュラー 人気上昇 くっつき虫が 怒るぐらいに リクエスト




買い物 美容院 自転車 ゲーム カラオケ いつも一緒で 言われたね

コンビニ おじさん 美容院 おばさん こんな子は 珍しい って

自転車 盗られて 二人乗り 自転車 来たのに 二人乗り

いつまで たっても くっつき虫の 癖のまま いつに なったら 離れるの・・




なんでも ないのが 一番で 何かが あったら 困るよね

そんな 日々が 続いて今日は きみが 生まれた 記念日

こんどの 休みに 一緒に 行こう 予算は 小額 気持ちは 満額

これからも 仲良し 親子で 評判の くっつき虫も そのままで・・






作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
まさか、一日に3つも詩を書くとは自分でも思わなかったので。
最初「雫のナミダ」に、と思ったのですが・・。恋愛詩でも無いから??やはりこちらへ。

娘と私の物語です。そのまま、日常をありのままです。「お誕生日おめでとう」。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
別窓 | 想い出 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3