悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
千恋詩「駄々っ子・・」
2010-03-13 Sat 02:03

9065442.jpg



「駄々っ子・・」



甘えんぼ 

怒りんぼ 

拗ねて 睨んで 噛みついて



いじらしさ 

一途さも 

上手く言えない 困りんぼ



ぼくひとりだけに見せる 

きみの素顔が 

放っておけなくて・・




抱きしめると 唇 尖らせる

怒っているの? そう聞くと

そう と 答える



じゃ 離すよ と言うと

もっと 怒るよ と 言う

困った 駄々っ子



抱きしめたら 腕を振りほどこうとする

腕の力 緩めたら しがみついてくる

ほんとうに 駄々っ子



でもね もっと 困らせても いいよ

素直にならなくても いいから

駄々っ子のままの きみが 好きだから



ぼくにだけ 

ほんとうの 心で 甘えていいから

そのままの きみで いいから



ぼくの 胸の中では 泣き虫に・・なりなよ

今までの 悲しいこと 

腕の中で 消してあげるから



何も 言わなくても いいよ

ぼくにだけは がまんしなくても いいよ

駄々っ子の ままで



ぼくにだけ 甘えなよ 

ぼくにだけ ぶつけなよ

ぼくにだけ きみの 心の すべてを



なにもかも 受け止めて あげるよ

哀しい心 伝わってくるんだ

だから 駄々っ子のままで 




きみのそばに 居てもいい? と 聞くと

知らない と 見詰めた

小さな肩 震わせて 泣いているくせに



強がりは 甘えたこと なかったからだね

ぼくには わかるんだ 淋しさが

だから 駄々っ子のままで そのままで・・




きみのような 

駄々っ子は 

ぼくじゃないと 駄目みたいだね


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

別窓 | 千恋詩 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「仲直りⅡ」
2010-03-06 Sat 00:32

6a78861240.jpg


「仲直りⅡ」



僕の肩に 


あごを乗せて 


耳もとで 




「ごめん」



と一言






君らしいな 


恥ずかしくて 顔 見られないようにしたんだね






「仲直り する?」 





君は 僕の肩で 



こくん と 



うなずいた





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記03/06 00:23
仲直り って 本当に難しいですね。
ケンカの原因は些細なことなのかもしれないのに・・
お互いに意地を張って、謝りたくなくて 時間だけが過ぎていく

そんな時 こんな風に そっと背中から 
言えたら・・

過去詩2009-03-29仲直り」も ぜひ読んでもらえたら嬉しいです。

この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 千恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」
2010-01-15 Fri 00:14

6349229.jpg



「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」



君が来る日楽しくて
待ちどおしくて
雨降らないかと心配したり
そんな時に限って大雨で
濡れて風邪引かないかとそんな思いで
迎えに行ったことあった



斜めの道
君が来る道
私鉄の高架下で雨を避けて本を読む振りして
君の姿だけを捜した



携帯の時計が
君が家に来る約束の時間を指した


遅い・・
雨だから?


そうだよな・・って
不安を打ち消しながらも
好きな分だけ大きくなっている不安に
君の大切さ分かった



小さな点見つけた



きっと君・・



雨傘深くさして誰とは分からないはずなのに
何故か
君だと分かった


つんと澄まして背伸びするように歩く癖
首すこし左にかしげて歩く癖
僕だけが知っている?
君には教えないよ



教えたら
きっと
また 

「もう!」

と言って怒ってしまうから
怒りん坊の照れ屋さんだからね




何時?
気がついてくれるか
いたずら心
声かけなかった


車道
車を気にして右を見ていた
車道
渡って来る


・・・


気づかない君


何も言わずに見詰めていたら
視線を感じたの?
傘をあげた
ここに居るはずの無い僕を見つけて

驚いて

立ち止まって

そして
微笑んだ



何も言わない君
何も言えない僕


そんな視線が恥ずかしくて


何も言わず並んで歩いた
それだけでよかった
でも
雨なのに自転車で迎えに来たこと後悔した


ひとつの傘で
肩寄せ合って
指からませて
二人で歩く
雨の日の特権なのに・・


ほんと先を読めない馬鹿だなって
自分がいやになった





・・・・・





その日
時間が過ぎて
また君を帰さないといけない時間に・・


突然

家のこと言わない君が珍しく言った




「ねぇ?」

「何?」



「ねぇ・・ 言われちゃった・・」


「??」


「大雨だから行くな」と

でも来たよねと目で応えたら・・

「これだけ言っても行くんだったら・・もう帰ってくるな!」
そう・・言われたと・・



「ねぇ?・・・」


(「もう 帰さないと 言って」)


そう言って振り向いた
笑顔で言った


やせ我慢いじらしさ重なり合った

目には涙ためているくせに・・




「・・・・」



何も言わなかったんじゃないんだ

何も言えなかったんだ





馬鹿だな僕よりも馬鹿だよ 君は・・

僕もありがとうと一言・・言えばいいのに・・







胸が詰まって

何も言えなかった・・







「ごめんね」







帰りたくない 君を 帰してしまう僕を・・


「帰したくない」と 言えない 僕を・・





・・・・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

別窓 | 千恋詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「一度だけは・・イヤ・・」
2009-04-21 Tue 20:17

eyes0443q.jpg




「一度だけは・・イヤ・・」





きみに 声を掛けた



知らん振り?





きみに また 声を掛けた



無視?





コーヒー 

入れてもらおうと 

呼んだのに・・





美味しい 特別な きみだけの 味 





それなのに

がっかり

黙り込んだ。。







・・・・







きみが


振り返って 


悲しい顔 するから







その意味が わからなくて・・










ねぇ もう一度・・と・・







・・・・・・?










すぐに作ったら 一度しか 名前 呼んでもらえないから 




と ・・












いじらしくて 




また




きみの名を  呼んだ





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記
本当に久しぶりの更新です。
ずっと休んでいるのに、訪問、コメント、応援ありがとうございます。
昨日、深夜帰宅時に1時間9分も雨の中歩いて帰ったのでやっぱり疲れていたようで、
今日は休みなので、0時過ぎから更新のための曲選びとかをしているうちに、寝ていました。

昨日、行くとき自転車でした。途中パンクしていることに気づいて、押して会社へww
帰り、まず1時間はかかるんだろうな、って でも愛着がある自転車なので今日修理して。
もう10年ぐらい前?に 買った自転車屋さんも 昨日電話入れていたので待っていてくれました。
何も言っていなかったのに、ブレーキの甘さも、籠の歪みも黙って直してくれました、感謝です。
想い出がありすぎる自転車で、きっと捨てる事はできないでしょう。いつまでも一緒に。雫。

明日も明後日も休みです。
明日はもうひとつの仕事で出ますが、一日半、ゆっくりと皆さんの所に訪問しますね。♪

追記2017/01/07
PV変更しました。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

別窓 | 千恋詩 | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「仲直り・・」
2009-03-29 Sun 15:39

fe490255_20090329141426.jpg



「仲直り・・」




意地っ張りの女の子



仲がいいのか悪いのか

逢ったらけんか また拗ねた


「もういいよ」 


なぁんて 言うものだから





こっちも負けずに


「わかった バイバイ」


って 言ってしまって 部屋を出た





後ろで聞こえる 皿を割る音

こっちも 意地張り おこりんぼ



でもね 心配性が またでてきてね

ちょっぴり 反省 でも 謝りたくない






公園ひとり 芝生でごろ寝 今頃 何をしてるかな?






やっぱり 心配 気になって・・

そして ひとつ 閃いた・・・








静かに 戻って 息整えて

部屋の前で チャイムを 押した



ドアを開けた 君は びっくり でも意地っ張り



大きな目を開け 睨んでいるよ 

まだまだ その目は 許していない





だから 一言 声かけた







「宅急便です 等身大の 贈り物   受け取り 印鑑 くださいな」






怒った 顔が 消えちゃった


プッ と 笑って 涙目なって


はぃ って 背伸び ひとつして


ほっぺに ピンクの 印鑑 そっとした






受取完了 





仲直り・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
写真を探して、本当は桜の花で、薄紅色の写真を探していたのですが・・
だけど、この二匹の蝶が仲良く飛んでいるのを見て、これだ!と、即、採用ww

曲は、いきものがかりと先に決めて、探して探してやっぱりこれに。好きな曲です。

こんな風に、けんかをしても、仲直り出来たらいいですね。
いつもコメント、応援、ありがとうございます。とても励みになっています。雫。

この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 千恋詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3