悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
千恋詩「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」
2010-01-15 Fri 00:14

6349229.jpg



「許されない恋だから 雨の日の君はとても悲しくて」



君が来る日楽しくて
待ちどおしくて
雨降らないかと心配したり
そんな時に限って大雨で
濡れて風邪引かないかとそんな思いで
迎えに行ったことあった



斜めの道
君が来る道
私鉄の高架下で雨を避けて本を読む振りして
君の姿だけを捜した



携帯の時計が
君が家に来る約束の時間を指した


遅い・・
雨だから?


そうだよな・・って
不安を打ち消しながらも
好きな分だけ大きくなっている不安に
君の大切さ分かった



小さな点見つけた



きっと君・・



雨傘深くさして誰とは分からないはずなのに
何故か
君だと分かった


つんと澄まして背伸びするように歩く癖
首すこし左にかしげて歩く癖
僕だけが知っている?
君には教えないよ



教えたら
きっと
また 

「もう!」

と言って怒ってしまうから
怒りん坊の照れ屋さんだからね




何時?
気がついてくれるか
いたずら心
声かけなかった


車道
車を気にして右を見ていた
車道
渡って来る


・・・


気づかない君


何も言わずに見詰めていたら
視線を感じたの?
傘をあげた
ここに居るはずの無い僕を見つけて

驚いて

立ち止まって

そして
微笑んだ



何も言わない君
何も言えない僕


そんな視線が恥ずかしくて


何も言わず並んで歩いた
それだけでよかった
でも
雨なのに自転車で迎えに来たこと後悔した


ひとつの傘で
肩寄せ合って
指からませて
二人で歩く
雨の日の特権なのに・・


ほんと先を読めない馬鹿だなって
自分がいやになった





・・・・・





その日
時間が過ぎて
また君を帰さないといけない時間に・・


突然

家のこと言わない君が珍しく言った




「ねぇ?」

「何?」



「ねぇ・・ 言われちゃった・・」


「??」


「大雨だから行くな」と

でも来たよねと目で応えたら・・

「これだけ言っても行くんだったら・・もう帰ってくるな!」
そう・・言われたと・・



「ねぇ?・・・」


(「もう 帰さないと 言って」)


そう言って振り向いた
笑顔で言った


やせ我慢いじらしさ重なり合った

目には涙ためているくせに・・




「・・・・」



何も言わなかったんじゃないんだ

何も言えなかったんだ





馬鹿だな僕よりも馬鹿だよ 君は・・

僕もありがとうと一言・・言えばいいのに・・







胸が詰まって

何も言えなかった・・







「ごめんね」







帰りたくない 君を 帰してしまう僕を・・


「帰したくない」と 言えない 僕を・・





・・・・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

別窓 | 千恋詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「ぼくの左・・」
2009-04-01 Wed 19:07
 yun_3300_convert_20090401181232_2017030105032421b.jpg
                                  



「ぼくの左・・」



きみは いつも ぼくの左
いつも 聴いたね iPod
大好きな 歌手が スピッツで
仲良くなって 二人暮らした・・・






さっき 買い物 行ったんだ
待ち時間 ベンチに 一人座って
イントロ聴いて 心が痛んだ
きみが大好き 「魔法のコトバ」 


流れた メロディー 想い出の曲
いっぺんに ブルーに なってしまった
涙が 流れて 他人に見られた
でもね 涙が 止まらない


ふたりで 聴いた スピッツが
大好き あのころ 幸せで
「また逢えるよ 約束しなくても」
ぼくの 思い上がり だったんだね




どうしているの?
げんきでいるの?
ないていないの?
さむくはないの?




どうして 傍に居るときに もっと 優しく声かけて あげなかったのかな




ふたり 並んで イャフォンで聴いた
好きな曲が 何故か 一緒
寒い部屋 肩を並べて くっついて
マフラー ふたりで 巻いてたね


いつも 怒って 苦しめて
だんだん 笑顔 消えていったね
「泣き虫 短気 すぐ拗ねる」って
弟みたいと ぼくを 見つめた


謝ることも 許すことも 
何もできずに 何も言えずに
きみは 消えた たったひとりで
大好き iPod 置いたままで




どこにいるの?
なにをしてるの?
わらっているの?
さびしくないの?




どうして 傍に居るときに もっと 抱きしめて あげなかったのかな




DS ゲームも ぼくの左 
いつも 競争 けんかになった
妹みたいな 年なのに 
ぼくは わがまま きみが折れた


機嫌悪いと 黙る癖
何も 答えず 苦しめた
いつも 左で 泣いてたね
声も出さずに 泣いてたね


一緒の 部屋で 寝起きして
いまは 冷たい 布団に包まり
並べた 枕は そのまま左
涙の 跡が 残ってる




どうしているの?
こまってないの?
ちゃんとたべてる?
やせていないの?




どうして 傍に居るときに もっと 守って あげなかったのかな




きみが 聴いた曲 そのままに
ipod ベッドの傍に 置いてある
帰ってきたとき そのままだよと
言いたいな 言えたらいいな・・


音楽 ひとりで 聴いてるよ
イャフォン 片方 だけにして
ぼくの左は 空いてるよ
きみが もどるの 待ってるよ


きみが大好き 今も大好き
サヨナラ なんて 嘘だった
ぼくの左は きみだけのもの
今度 逢えたら もう離さない




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



追記
この詩は、あるお店の待ち時間に、いすに座っていたとき
スピッツの「ホタル」が流れて、大好きな曲で、なんだか悲しくなって書いた詩です。

今日から新年度4月1日 私にとっては、3連休の中日、明日も休みです。
それでも昨日は少し気になることがあって、堤防とコンビニ前と古本屋に行った。
なんだか、誰かが呼んでいるような気がして、懐かしい場所に次々と。。
花火を見た場所、煙草をいつも吸っていた場所、となりの古本屋とかに・・。
でも、結局何も無くて、風がただ吹いているばかりでした・・。不思議な感覚でした。

今日は市役所とか自分の用事で、一日が過ぎました。ww
明日こそは、家でゆっくりします。また翌日は仕事、土曜は休みで嬉しい。雫。


この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 千恋詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
千恋詩「仲直り・・」
2009-03-29 Sun 15:39

fe490255_20090329141426.jpg



「仲直り・・」




意地っ張りの女の子



仲がいいのか悪いのか

逢ったらけんか また拗ねた


「もういいよ」 


なぁんて 言うものだから





こっちも負けずに


「わかった バイバイ」


って 言ってしまって 部屋を出た





後ろで聞こえる 皿を割る音

こっちも 意地張り おこりんぼ



でもね 心配性が またでてきてね

ちょっぴり 反省 でも 謝りたくない






公園ひとり 芝生でごろ寝 今頃 何をしてるかな?






やっぱり 心配 気になって・・

そして ひとつ 閃いた・・・








静かに 戻って 息整えて

部屋の前で チャイムを 押した



ドアを開けた 君は びっくり でも意地っ張り



大きな目を開け 睨んでいるよ 

まだまだ その目は 許していない





だから 一言 声かけた







「宅急便です 等身大の 贈り物   受け取り 印鑑 くださいな」






怒った 顔が 消えちゃった


プッ と 笑って 涙目なって


はぃ って 背伸び ひとつして


ほっぺに ピンクの 印鑑 そっとした






受取完了 





仲直り・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村




追記
写真を探して、本当は桜の花で、薄紅色の写真を探していたのですが・・
だけど、この二匹の蝶が仲良く飛んでいるのを見て、これだ!と、即、採用ww

曲は、いきものがかりと先に決めて、探して探してやっぱりこれに。好きな曲です。

こんな風に、けんかをしても、仲直り出来たらいいですね。
いつもコメント、応援、ありがとうございます。とても励みになっています。雫。

この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 千恋詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3