悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
女心詩「茜色のあなた」
2017-02-24 Fri 00:00
78687040.jpg





「茜色のあなた」




あなたと ふたり 

歩いた道 いまは ひとり ぽっち どうしているの

きっと素敵な人 

見つけてるよね 良かったね って 言えるかな




愛したからこそ 

想い出は 深く 胸に刻んで 消えやしない 消せないよね

だって 幸せすぎた

痛いほど 抱きしめられた 今は 全て 幻






夕日

あなたと 歩いた 道 もうすぐ 陽が落ちるよ もう 見えなくなる

でもあなたの 後姿 

いまも 見えているよ 馬鹿だね いつまでも しがみついてる




手のぬくもり 

その手を 離したのは 意地を張った ちっぽけな わたしなのにね

あなた色に 染まれなかった 

温かな 胸に飛び込んで ごめん て 言えれば良かったのに







幸せに なってね 

わたしも 負けない あなたの好きだった 夕日に 今 誓うよ 

もう ここには 来ないよ 

ありがとう 永遠の さよなら 言いに来ただけ なんだ




涙 見られたかな 

もっと これからは 素直になりなよ って 言われたみたい 

いつも いつまでも 優しいね 

だから 駄目だったのね もっと 叱って欲しかった






ありがとう 最後の最後 

また 励まされたね いつもと 同じ 繰り返しだね

心配しないで きっと幸せになるね

忘れない あなたから 幸せいっぱい もらったことも




温かいよ あなたの夕日 

だから 好きになったんだね もっと愛していればよかったね

ごめんね 強く生きていくよ 

ありがとう 茜色の あなたに 愛された わたしだから





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




2017/02/23
この曲が大好きです、
でも別のAimerさんの曲も好きで、
今日、YouTubeでその曲を聞いていました。
聴きながら詩を書いていて、詩が半分ぐらい書けて、
でもYouTubeで聴いていたから
自動的に、この曲「茜さす」に移って・・
同じように、詩を書いていたら、最後まで書けてしまいました。
今まで 何度も 書こうとして 書けなかったのに。
本当に不思議です。

別の詩で24日0時に予約投稿していました。。
ただ、また過去詩になることと、MVではなくて別の動画で。
少し迷っていました。、新作を投稿したかったから。どちらを先に・・。
今回は、新作にこだわりました。

以前から書きたかった
大好きなAimerさんの曲で詩を書けたこと。
そして、失恋をしても、
希望の持てる、未来へ向かう、強くなりたいと願う女性を書いてみたかったから。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


別窓 | 女心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「泣き顔」
2017-02-04 Sat 00:00
89083819.jpg






「泣き顔」



年下のきみに 
泣かされたね
惚れたら負けだって 分かっていたのに


背だけ高くて 
やせっぽち 
折れそうな腕に
抱きしめられたいって 儚い願い胸に秘めてた


ねぇ 
好きな子 
いないの?って 聞いたんだ

いないよ って 返事 
聞きたいから

好きな子が
出来るまで
甘えて傍に 居たかったから



なのに 
いる って 
それだけ言ったまま 黙りこんだ

そう 良かったね って 一言 
黙っちゃった


重苦しい空気 


泣きそうに・・・
泣き顔
見られたくないから


じゃ行くね って
傍に居たいのに

自分がいやになる 
年上って 損だね 素直になれないから



どこに行くの? って 
腕をとられた 

遠くに行きたい って 
また 嘘をついた



この俺が 
居るのに?って 
じっと目を見つめるから


何言ってんの 
好きな人 居るんでしょ 
怒って言った



ばかだな 
俺 年の差なんて 
気にしないよ って


そのまま引き寄せられた 
これって・・・ 
これって・・・



腕の中 
甘えても 
いいのかな? 



ぬくもりが温かい
泣いてもいいかな 
泣かされても いいかな 
好きだから・・



見られても いいかな 
大好きだから・・
泣き顔


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫

別窓 | 女心詩 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「涙の欠片」
2017-01-30 Mon 11:35
yun_11002_convert_20121217190705.jpg





「涙の欠片」



運命 
わたしを縛る 見えないバラの棘
縛られた 心を 解き放してくれた
あなたが 流した 涙の欠片



今からでも 
いいのかな わたしでも
優しさに 包まれた 
初めて人を 愛していいのと 心が震えた






ひたすらに 
あなたを 愛していきたい
信じる心が あれば もう 何も恐くない
もう二度と 涙 流さないよ ふたりだもの



淋しいと言ったら 
私を 抱きしめて
出逢って 恋して 愛されて 信じて
ごめんね 幸せ過ぎて 泣いてしまって






迷わないよ 
進む道が 暗闇に包まれても
あなたが 灯す明かりが ひとすじ 
わたしに 行き先を 教えてくれたから



もしも 悲しみが 
あなたを 苦しめても
笑顔を どんな時でも 見せたいな
あなたの 涙の欠片 つくらないように





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/01/30
この詩は「雫のナミダ」(恋愛詩専門ブログ)で
同じタイトルで投稿したものです。
本日、ほとんど詩を書き直しました。
その為、新作として投稿しました。
手島葵さんのMVがブログで見れないため、変更しました。雫。。

追記。0217/01/30
女心詩を書いているので
よく間違われますが、私、雫は男性です。
え~~~と、言う声が、聞こえてきそうですが・・
二十代の頃、スナックのママさんに言われました。
雫は男なのに、何故そんなに女の気持ちが分かるの?と。
いつも不思議そうに、驚きながら話してくれました・・。また逆に・・
何でこんなことが、分からない(鈍感?なの)・・みたいにww
相手がモーションを掛けているのに、全く気づかないような愚かな男という意味です。

プロフィールの上から、四行目に小さいですが、男性と書いています。

元々、私は、雫流捨(しずる)という、変なww名前でした。
涙を流し尽くし捨てさる。という意味でした。
そこへ、リンク第一号になってもらった 光藤 雫さんが来て、
雫一文字にしてもいいかと連絡し、許可をもらい、
テンプレートも、気に入ったので同じに。
雫一文字なら、また問題が?と、思い、雫(しずく)としています。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材
ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね

別窓 | 女心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「告白」
2017-01-03 Tue 01:40
7407965.jpg




「告白」




気づかない 
それは 仕方ないよね
伝えるのが 下手な私と
受け止めるのが 苦手な君だから



それでも いつからかな 
ふたりきりで 手を繋いで 歩いた
ケンカして 泣いても 指離さない



違うんだ 
特別なんだって 
こんなにも ドキドキ だから言えない
そんな事さえ 今になって 気づくなんて


馬鹿だな 
でも もう決めたんだ
もう後戻りなんて したくない
君じゃないと 駄目な私が ここに居ること



ねぇ こんな風に 
甘えても いいかな?
ねぇ 腕を組んで 同じ歩幅で 歩いても いいかな?
同じ道を これから先も ずっと一緒に居ても いいかな?



うん って 言って
 お前が一番 って 言って
ぎゅって 抱きしめて 死ぬまで離さないって 言って
君だけを 信じて 愛して 生きていくから








星空 足元を照らす
寄り添う影が 追(つ)いてくる
どんなに暗くても 星のように 君を支えていきたい
なんて 本当は 私が離れると 泣いてしまうから



笑顔で いつも迎えたい 
そんな お前が好きだと言われたい
いい子だって 褒めてもらいたい 子犬のように 抱き上げて
涙は隠して 一人の秘密にするから 気づいて キスしてね



我がままばかり言うけど 
他の人には 秘密にしてね
君にだけ見せる 素顔 だって 特別な 人にだけだから
弱虫の私だから 君の胸に 真直ぐに 飛び込むんだよ


出逢えたことに感謝 同じ時間 同じ場所 同じ運命に
「ありがとう」って 百万遍も言わないと いけないね
少しずつ 君にお似合いだって 言われるように なるから


ねぇ  こんな風に
抱きしめても いいかな?
ねぇ 温もりを感じて 朝も夜も くっついても いいかな?
同じ悲しみも喜びも 一緒に感じても いいかな?



うん って 言って 
お前が一番 って 言って
ぎゅって 抱きしめて 死ぬまで傍に居ろって 言って
君だけを 信じて 愛して 生きていくから




<作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村




追記
この詩は11/07/02別のタイトルで投稿したものです。
今回、詩を書き直し、タイトルと写真を変更しました。
尚、これから先、恋愛詩も「雫にサヨナラ」で投稿sする予定です。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 女心詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
女心詩「も一度 笑顔で 泣かせて」
2011-02-17 Thu 14:22
1715580.jpg 




「も一度 笑顔で 泣かせて」




背中あわせの きみのぬくもり
こんなにも 傍に居てくれたこと
感謝したこと なかったね
だから ごめん ねぇ 聞いてくれる
届くかな ありがとうの 気持ち 伝えたいのに



ドアを開けたら きみが居てくれた
片付いた部屋 何気なく飾られた花瓶がひとつ
いつも ふたりだから 二輪がいいねと 飾っていたね
なのに いまは わたしがそっと 一輪の花が淋しそう
届かないのかな 愛してるの言葉 もう きみには・・




サヨナラ あれは嘘だよって言って も一度 笑顔で 泣かせて




何気ない仕草 ふっと 他人をみて気づくの
想い出すたびに 胸の鼓動 きみの心音に近づく
煙草くゆらせ ふっと まぁるい 輪っかくれた
わたしにあげる 婚約指輪だって 泣きそな顔して 言ったね
何も無い部屋だから ふたりだけ ただ 温もりが 幸せだった




無口で 言葉で幸せあげられないから って 
傍に居るだけしか できないけど それでも いいかい?って
馬鹿だね わたし こんなにも泣かせて 笑顔をくれて いたのに・・
そんな きみを きっと 幸せに出来ない 自信がなかったんだよ
わたしなんかよりも きみを幸せにする人は きっと 居るんだと・・




サヨナラ あれは嘘だよって言って も一度 笑顔で 泣かせて




小さな部屋で いつもくっついて 
きみは ハニカミながら わたしを抱きしめた
あんなにも 大切にしてくれた
気づかなかった 子供だった? そうじゃない
きみの 優しさぬくもりが 怖かった 幸せ過ぎて 失くすことを 




不幸に慣れすぎて きみの言葉を 信じ切れなくて
馬鹿だね 追いかけて欲しくて 飛び出した夜
背中に届いた サヨナラ きみを 信じられないと
立ち止まれば良かった 素直にごめんと 言えれば
やっぱり 子供だったんだね 愛されること 怖かったから




サヨナラ あれは嘘だよって言って も一度 笑顔で 泣かせて




背中には ぬくもりと きみの 指跡
いつまでも 忘れない 忘れたくない
笑顔が好きだって 嬉し過ぎて 泣いたんだ
想い出ばかりが 浮かんでは消えて 涙にかわる
ありがとう ごめん 今なら素直に きっと 言えるのに



この部屋から きみの匂いが 消えていく
料理が上手くて 聞いたけど 答えなかったね
悲しいことあり過ぎて 言えなかったきみを 困らせたね
幸せにしたい それが わたしだったのに 甘え続ければ良かったね
ごめん ごめんね 明日この部屋を出るわ 花瓶 想い出にもらって・・




サヨナラ あれは嘘だよって言って も一度 笑顔で 泣かせて




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
最初この詩のタイトルは「背中合わせ」でした。
あるブログさんのところで この曲のPVがありました。
それが・・
JUJU 「この夜を止めてよ」だった。聴いて、いい曲だな・・って
PVを見ていると、ある場面にどっきりして、思わず詩を書いた。
それが3:36ぐらいから、わずか2秒ぐらいだったのだけど、とても印象に残って。
それがふたりが背中合わせになっているシーンだった。。雫。。

追記②
バレンタインデーにチョコ・・みなさんの恋はどうなったのでしょうか?
私は可哀想に?当日は雪が降って、たまらず雪の中を駆け出していました。
思い出の場所に煙草をくゆらせに外に出て、そして堤防に行って、真っ白になるまで雪の中に居ました。
雪は特別で、いろいろなことを思い出させてくれます。
結局、その日は誰からもチョコをもらえず、悲しい日になりました。。

翌日、仕事場に行くと、昨日仕事場の人数人からチョコが届いてました。。
嬉しいですね。
そして、もっと嬉しいことが・・

バレンタインの数日前、施設に来る子供たちの中で、気になっている子がいた。
何気なく、いくつ?と聞いたら、ちょうどその日が2歳の誕生日だった。
偶然、そんなことがあるんだと、びっくり。

とても大人しくて、人見知りなのに、私にだけは心を開いて傍に来てくれます。
そのまま立ち止まって動かなくなるときがあるので、いつも一緒に手を繋いで目的の場所に行きます。
その時、今日が誕生日だと私が言ったので、保育士さんたちから即席の誕生日をお祝いしてもらったみたいです。
だから・・そのお礼が、バレンタインチョコになって返って来たんです。
男の子からもらった初めてのチョコ、何をお返しにしてあげようかと、今から考えています。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 女心詩 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3