悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「黒猫『姫』 短か過ぎた命 救われた心」 
2012-10-30 Tue 20:35
3595287.jpg






「黒猫『姫』 短か過ぎた命 救われた心」 




瑠璃色の夏を迎えるたびに思い出す・・




いじめられて・・そうとしか考えられない・・
瞳がゆがんでしまっていた・・
もう目をあわすのがかわいそうで 怖くて
思わず目をそむけてしまった
それでも・・そのまま できなくて
拾って 病院に 行ったよ



病院の先生も 虐待だと・・人間が・・



名前つけたよ
おんなのこ
なまえ 素敵にって 考えたよ
黒猫
「姫」



涙 流れるよ

「姫」


膝の上 ひょこひょこ 歩いて まあるくなって 
やっと・・自分の居場所見つけたの?
人を信じることできないはず・・なのに・・



だから・・
「姫」が信じてくれた そのことが嬉しくて 
そして いつか 傷ついていた自分も 姫の優しさ いっぱい受けて 
慰められて いたのかもしれないね・・



生まれたところも 誰も何も知らない
そして生きてきて 誰かにいじめられ
目が飛び出すぐらいの虐待をうけて・・
残酷だね・・卑怯者だね・・人間って・・



でも・・
涙流すしか 体さすってあげるしか
何も出来なくて 


やっと
少し元気に ほっとして 



医者の宣告・・短い命・・


あんなの 
誤診だったんだ
間違いだったんだ
嘘だったんだよ


って・・
そんな風に思って・・喜んで また 涙流して・・



「姫」 
いっぱい 痛んだ体 痛んだ心 癒しながら 生きていた



でも
ある日・・最後迎えた




一声 
苦しそうな 悲鳴にも似た声上げて ぐったりと 最後迎えた
何をしてあげられたの 何を 
いじめた人 いじめられた時 思い出して鳴いたの?
もう 苦しむこと ないから ね・・



思い出すの 膝の上で 最後 一声苦しそうに 鳴いて?泣いて?
最後を迎えた きみに 何をしてあげられたのだろう?って



「姫」
生きてきた証し 今も私の胸の中に・・
いきているよ・・


そして・・


最後の 悲鳴にもにた 一言



「ありがとう」



って・・



聞こえたよ・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この詩はある人からメールもらって。
そのなかに猫の思い出書いてありました。
手元に来てから、わずか3ヶ月の命だったそうです。
黒猫「姫」
姫のために・・
そして・・目がゆがむほどに虐待された姫を慈しんだ
その人に捧げます・・

追記
優しく『姫』を世話した方は
最後の最後まで悩んでいた・・
何もしてあげられなかったと・・

だから、そうじゃないんですよ・・

最後の悲鳴にも似た声を言ってそのまま息絶えた・・と

それは きっと
あなたに『ありがとう』と 最後の力を振り絞って
かけた あなたへの感謝の言葉なんですよ・・と
伝えたかった・・

何故?優しい人が、世話をして傷つくのだろう?
いじめ、傷つけた奴は何とも思わずに生きている・・?!
そう思うと悔しくて仕方が無い。

人間への不信を慈しみの心で助け、共に生きてくれた人
黒猫『姫』は・・
きっとこの人の元で短いけれど暮らし死んで行く運命?
だったのか・・
哀しい事実がここにあります。
だからこそみなさんにお願いしたい・・
どうか・・『慈悲の心を持つ人』にとなって欲しいと・・ 雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


別窓 | 猫恋詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「for ever ケン」
2009-03-15 Sun 00:06

se_025_20090314234410.jpg



「for ever ケン」




いつも いたずら わんぱく 小僧 毛糸なめては べちゃべちゃに・・ 

靴下噛んでは 穴だらけ・・・

足から爪たて ガリガリのぼる 

痛いけれど でも・・がまん がまん





肩までのぼって 「ふーっ」と ため息・・・ お前は人間・・?

耳をなめる 噛む しゃぶる 

髪を爪で梳いてくれる

鼻に髪が入ったの? 

クシャミひとつ 耳元で・・・

「鼓膜やぶれちゃうよ」と言うと・・・

「ふーん」と しらんぷり





じっとしてると 立って歩けと 

「ふーぅ」の おねだり

微妙に違う その声が

なぜか歩いてと 聞こえるんだ

立つと驚き 首に抱きつく 

爪がいたいよ でも・・・がまん がまん。





物干し大好き 小さな花壇 虫が来ると ピョンと飛び降り 追い掛け回す

ぴょんと飛んだよ でも 残念賞 

大きく空振り 尻餅 どすん
 
大きな声で笑ったら 

びっくり どこかへ 行っちゃった





あれれ居ないや どこに行ったの?

あっち こっちを 探してみたら

遊び疲れて 布団のうえで 

こっくり こっくり ひなたぼっこ・・・




ごはんのときには いつも いつでも 横に ちょこん

僕の左側は 自分の場所だと 決めてるみたい

じっと待ってる 褒めてあげよう 

「偉いな・・・」って言おうとしたら 

早く くれくれ 「ふーふー」 連発 

笑ってしまった・・にこり にこり




さかなが 大好き まぐろが 大好き 僕のおかずの 半分ペロリ

うーまんぞくだよと 

「ふーぅん」と一言 

お腹いっぱい ひざにのっかり ぐーすーぴー 

だから いつも 足はしびれっぱなし・・・

でも がまん がまん




いつも いつでも 一緒だよ ね

ケン お返事は?「ふぁーい ふぁーい」 って 嬉しそうに 答えたよ

ぼくのひざがお気に入り 

まあるくなって ゴロゴロ ゴロゴロのど鳴らす 

ここが 一番 安心するの?

どこにも 行けない・・でも がまん がまん





幸せそうな ケンの 横顔 眺めていたら 

何故か 急に胸騒ぎ 

何故か どこかに 行くような 




馬鹿だな そんな心配 なんでする?

だから わかった 幸せもらったのは 僕みたい

可愛い寝顔に いたずら心 

起こしてみたいな でも・・ がまん がまん




ケンよ げんきで いつまでも そばにいてね お願いだから・・

「ふうぅ」 と あくびで お返事くれた・・ いつも 一緒 暮らそうね・・って。。





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
ひさしぶりに猫の詩を。
大好きだった、私の大切な家族 猫 ケンとの日常の想い出の詩です。
友だち 家族よりも大切だった 
家に帰ると玄関に出迎えてくれた 本当に不思議だった・・

寝るときも一緒 寒いときも暑いときもww
いつも膝の上で寝て 動くと爪を立てて 動くなと トイレにも行けなかったww
甘えん坊で 背中に乗せて物干しに 下の道路を見せると怖がって また爪をww
出かけるときは 玄関まで送りに来てくれた・・今も膝の上にいるような気がします。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

別窓 | 猫恋詩 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「たまは もうすぐ おかあさん」
2009-01-29 Thu 22:55

se_027_20090129215940.jpg



「たま は もうすぐ おかあさん」


まだかな?
まだかな?
もうすぐかな?
たまはもうすぐ おかあさん 


家の床下
小さな穴に
はいったままで
出てこない


おそいな? 
おそいな?
心配だ
たまはげんきでいるのかな?


「たま」 って 
呼んだら 
「にゃーン」と返事
よかった 元気だ でも 心配だ


時間だけが 過ぎていく
どんどん 
どんどん 
すぎていく


おどろかしたら 
だめだから
そんなときは
ただ待つだけだ


がまん
がまん
もうすこし
あともうすこしで おかあさん




家の床下
音がした
鳴き声がした?
聞き違い?


ほんとに
ちいさな
鳴き声だ
「み~ぃ み~ぃ」 と聞こえたよ


やった
やったぞ
生まれたぞ
がさごそ 何かの音がする


すすでよごれた
たまの顔
ちょこんとでたよ 
床下から


口には
子猫
咥えてる
見てよ これが 私の子


一匹
一匹
見せにくる
僕の膝に しずかにおろす


全部で
5匹
よかったね
よくがんばったね おかあさん


ほらみてよ
ほらだいて
ほら私の子だよ
かわいいでしょ




疲れた顔で
ねそべった
おなかすっきり
スマートに


首を持ち上げ
僕を見て
頭をなぜてと
仕草する


頭をなぜて
喉なぜて
小さくなった
お腹をさすり
よくがんばったと 声かける


うれしそうに
喉鳴らす
ゴロゴロ
ゴロゴロ すごい音


こねこが たまの
おなかに来たよ
みんななかよく 
ミルクの時間


そして食事が
おわったら
たま つかれたと
大きく背伸び


甘えん坊で
やんちゃさん
いまではりっぱな
おかあさん 


たまは りっぱな おかあさん





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村


追記
これは実話です。
我が家にいた 私の家族で一番の「たま」がお母さんになった時の詩です。
猫がこねこを産むとき、そして生れてから、
こねこを見せに来るというのは、まず有り得ないという事を大人になってから、獣医さんに聞きました。
「それだけ信頼していたんですね」と言われて、あの日の感動を、再認識した事を思い出しました。

親猫を驚かせてはだめだと、それだけは注意をしつつ、本当に辛抱強く待ちました。
驚かせると、こねこを盗られると思って、こねこを殺してしまうからです。
でも、ほんとうに まさかのハプニング。こねこを私の膝に一匹ずつ口に咥えて運んできた。
どうしていいのか分からなくて、でも小学生の私が、こねこの親に?!不思議感覚でした。

たまは私が居ると安心し、他の者が来ると、あの大人しいたまが?と、思えるほど威嚇していました。
子を守る親の気持ち、痛いほど分かりましたね。ちいさくても命、それを守ろうとした たま。
だからこそ、私も小学生ながらも、たまと家族を守りたかったんです。
「ねこ ねこ こねこ」は、先に詩として載せましたが、また良かったら読んでくださいね。

風邪を引いて、治ったはずが、また仕事に行くとクシャミばかりが出て・・再発ww
今度の土日は久しぶりの連休。楽しみにしていたのに、家にずっといることになりそうです。ww
でも懐かしい人が、突然遊びに来そうな予感がしています。結構そんな勘は当たるので・・?。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


別窓 | 猫恋詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」
2009-01-17 Sat 00:00

NEKO151_convert_20080425041941_20090116213528.jpg



「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」




こねこが うまれた 5匹だよ
白 黒 茶 三毛 虎ねこだ
みんな かわいい こねこだよ
おやねこ たまは がんばった



ねるとき いつも いっしょだね
かるくて ちいさい ほんとにいるの
くっつき ねるから ねがえりできない
まっすぐ ねるくせ ついたみたい



でもね でもね しんぱいひとつ
ねこずき かぞくで ぼくひとり
ぼくの ごはんを あげていた
五匹じゃ たりない どうしよう



きゅうしょく ともだち パンきらい
こねこに ちょうだい もらったよ
がっこう がえり ともだちみんな
てには いっぱい パンがある



PICT0009_convert_20080516111104_20090116213914.jpg



でもね でもね やっぱりだ
こんなに たくさん かえないと
でもね でもね えらべない
あげる こねこを えらべない



いえの よこに あおいかみ
こねこ あげます はりがみあった
だれも こないで いのったよ
やぶって すてたら よかったな



白が だれかに もらわれる
みゃぁ みゃぁ と ないてるよ
ぼくは さいごに あたまなぜた
なみだ ぽろりと ながれたよ



黒が ほしいと もらわれる
みい みい と はなれない
ごめんね そばに おけなくて
ごめんね 黒よ しあわせに 




PICT0007_convert_20080516111037.jpg




おやねこ たまが さびしそう
のこった 三匹 はなさない
ぼくが いえの しゅじんなら
みんな かって あげるのに



茶ねこが いなく なっている
ぼくが いえに かえったら 
さよなら いわずに あげたんだ
たまと こねこを だきしめた




のこった こねこは いつまでいるの
にひきは ひざから おりないよ
たまも  くっつき はなれない
みんな いっしょに ないてねた



おこった ぼくは かんがえた
がっこう いったら いなくなる
がっこう いかない ねこあげるから
あげない やくそく してからだ



PICT00161.png




ともだち おうちに やってきた
せんせい おうちに やってきた
ごはんも たべない ストライキ
がっこう いかない ねこのため



こまった かぞくが そうだんしたよ
こねこ にひきを のこすこと
きまって うれしくて ほうこくしたよ
たまも こねこも わらったよ・・・



ねこ ねこ こねこ
うまれた こねこ なまえを つけた
三毛の こねこは ミミにした
虎ねこ こねこは ケンにした



ねこ ねこ こねこ
やっと いっしょに くらせるね
黒 白 茶は げんきかな
ゆめで いっしょに くらそうね・・





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



大谷育江さん-「Pikachuの聲優」 おまけ  私、大大大フアンです。
「ポケモン」(ピカチュウの声優さん) ほか 『ONE PIECE』(トニートニー・チョッパー役 など

一時体調を崩されて休業されていましたが、今は復帰されています。おめでとうございます。
チョッパーの声、大好きです。まさにはまり役です。目の前でチョッパーの声が聞きたい。
サインも、欲しい。握手も、メアドもww
 これからのご活躍を心から、願っています。雫

追記
事実も含めたお話です。
結局、書いたように、家に残されたこねこは、二匹でした。
家の横に貼ってあった紙を、本当にはがしたらよかったとも思いました。

でも、その紙を見て、見たいと言う人、来た家族の人が、みんないい人たちで・・
それだけが、本当に救いでした。猫好きな人は、私にもつたわてきましたから・・。
「可愛がってもらえよ」と、何度も頭を撫ぜました。でも、本当に淋しかったですね。

いつか、たまが こねこを産んだときの事を書きたいと思っています。雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。

★ 猫恋詩「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」の続きを読む
別窓 | 猫恋詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ねこ ねこ こねこ」
2009-01-16 Fri 00:00

NEKO31_convert_20080425041852_20090115225159.jpg



「ねこ ねこ こねこ」



ねこ ねこ こねこ
うまれた こねこ なまえは まだない
だから いまは
ねこ ねこ こねこ



ねこ ねこ こねこ
かわい すぎて なまえを まよう
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ



はじめて よちよち あるいたよ
ぽてんと みぎに ころんだよ
うえを むいて あくびした
なにを しても かわいいな



ぼくの はなを なめている
ざらざら したが ちょっぴり いたい
おいしく ないのに なめまわし
ふん と あきて しらんぷり



NEKO231_convert_20080425042005.jpg




いまは まだまだ てのひらサイズ
できたら このまま おおきくなるな
こんやも いっしょに おねむしよ
むねに ちょこんと まるくなれ



あさだぞ おきろよ みみもとで
かみかみ なめなめ おこしにくる
ミルクか ごめんね さぁあげよ
いっしょに たべたら おいしいね



ひるは さんぽの じかんだね
ポッケに いれて こうえんへ
はと と すずめを おいかけて
つかれて ぶらんこ ひとやすみ



からすが きたので おおあわて
ふわぁーと ないて いかくする
じゃ ひとりで いけと せなかおす
にげて ぼくの ひざまくら



NEKO151_convert_20080425041941_20090115225942.jpg



おうちにかえって おやつの じかん
アイスが いいな あついから
じゃ と おおもり あげたんだ
はなから たべて くしゃみした



ものほし いって ひるねだよ
ほしてる ふとんに くるまって
みるゆめ なぁに きかせてね
かわいい ねがお てんしだな



おきたら たのしい ばんごはん
ちょこんと ひざを せんりょうだ
はい あげようね ちいさくしたよ
ぺろんと ひとくち つぎはまだ



てれびを みようね なににする
どうぶつ おうこく みたそうだ
まんまる ひとみ もっとおおきく
よんでも しんけん へんじなし



PICT0020_convert_20080516111124_20090115230025.jpg



あしたの てんき どんなかな
よぞらを いっしょに みにいった
ほしが すくない くもりかな
みやーん と へんじ そうだって



いつまで そばに いれるかな
いつか だれかに もらわれる
ぼくの そばから はなれない
ぼくも そばから はなさない




ねこ ねこ こねこ
かわい すぎて なまえを まよう
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ



ねこ ねこ こねこ
なまえ つけたら こころが うつる
だから いまでも
ねこ ねこ こねこ





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



関連詩 (こねこ と小学生繋がり)

2008-06-03 Tue 03:32 猫恋詩「僕と子猫とランドセル

追記
我が家に小猫が生まれたときの情景を詩にしたものです。
全部で五匹生まれた。。。。。
ちいさくて、愛らしくて、いつも一緒に、起きて遊んで寝た・・
このとき、五匹と一緒に寝たので、寝返りをうたない、うてないww癖がついたようです。

でも、
心配だったのは・・五匹全ての猫と、いつまでも一緒に暮らせないだろう・・と、いう不安も・・
小学生時代の時の、楽しく懐かしい、こねこの物語です。雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。


別窓 | 猫恋詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3