悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
猫恋詩「手乗り猫?!」
2017-05-26 Fri 00:00

912032.jpg




「手乗り猫?!」




おまえが 家に来た時は
ちっちゃく 可愛い 手乗り猫


体重 量ってみたならば 
グラム 単位の 小ささだった


膝に乗っても 居るかいないか
あまりに 軽くて 笑ったよ




どころが どっこい 今違う
ドンと 構えて キロ単位


膝に乗ったら ずっしりと
重さが 堪える 大猫に


食事を 一緒に するけれど
おまえは まぐろ わしは けん


そりゃぁ 増えるね 体重が
おかげで わしは やせ細る









3737309.jpg






どちらが 主人か 分からない
でもね 冬には 暖房替わり


互いに 助け あう仲だ
夏には 離れて 別居生活


ご飯の 時だけ 呼びに来る
ほんに おまえは 身勝手だ





一生 不覚 大失敗
猫が主で わし子分


仕方が ないから 「ご飯だよ」
言ったら のしのし お出ましだ


貫禄さえも 身に着けた
おまえは すでに 古狸





それでも 居ないと 家中探す
タンスの中も 屋根裏部屋も


あんなに でかい
見逃すはずは ありゃしない


見つけた わしの 布団のうえだ
枕もちゃんと 使ってる





やっぱり 居ないと 心配だ
探して 見つけて ホッとする


まるで 恋人 女房様
そっと 寝かせよ いつまでも


わしは 畳みで  寝るとしよ
起こすと きっと 引っ搔くからな






いついつまでも 傍にいろ
おまえが いないと 淋しくて


きっと ご飯が 食べれない
おまえが 豪快 食べてる姿


いまでは 我が家の 風物詩
見慣れた 風景 そのものだ




今夜は 一緒に 寝てみよう
横に寝て 上で寝るな! 何度も言わすな!!


圧迫 されて 骨痛む
あれや これやで 十数年


昔々を 懐かしむ 
いついつまでも 一緒だよ





おまえが どんなに でかくなっても
利き腕 鍛える 心配するな


可愛い 姿を 思い浮かべて
持ち上げて みせるぞ 今度こそ


おまえは 可愛い わしだけの
一生 永遠 手乗り猫?!



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



2017/05/19追記
猫の詩 4年7ヶ月ぶりに書けました。
黒猫「姫」は、
亡くされた方にも、詩を書いた私にも相当な思いがありました。
どうしても、猫の明るい詩が書けませんでした。

本日、朝、
寝起きの時に、ぶと ねこ 猫  小猫の文字が頭に。
それから起きだし、短時間のうちに書けました。

黒猫「姫」の呪縛が
解けた瞬間、だったのだと思います。
もう、書いても良いよと、
「姫」が言ってくれたのだと、思っています。

ふてぶてしい猫の写真、
ずっと前から気になっていました。
詩には向かない、分かっていますが・・
でも、どうしても使いたかった。念願が叶いました。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

別窓 | 猫恋詩 | コメント:34 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「たまは もうすぐ おかあさん」
2009-01-29 Thu 22:55

se_027_20090129215940.jpg



「たま は もうすぐ おかあさん」


まだかな?
まだかな?
もうすぐかな?
たまはもうすぐ おかあさん 


家の床下
小さな穴に
はいったままで
出てこない


おそいな? 
おそいな?
心配だ
たまはげんきでいるのかな?


「たま」 って 
呼んだら 
「にゃーン」と返事
よかった 元気だ でも 心配だ


時間だけが 過ぎていく
どんどん 
どんどん 
すぎていく


おどろかしたら 
だめだから
そんなときは
ただ待つだけだ


がまん
がまん
もうすこし
あともうすこしで おかあさん




家の床下
音がした
鳴き声がした?
聞き違い?


ほんとに
ちいさな
鳴き声だ
「み~ぃ み~ぃ」 と聞こえたよ


やった
やったぞ
生まれたぞ
がさごそ 何かの音がする


すすでよごれた
たまの顔
ちょこんとでたよ 
床下から


口には
子猫
咥えてる
見てよ これが 私の子


一匹
一匹
見せにくる
僕の膝に しずかにおろす


全部で
5匹
よかったね
よくがんばったね おかあさん


ほらみてよ
ほらだいて
ほら私の子だよ
かわいいでしょ




疲れた顔で
ねそべった
おなかすっきり
スマートに


首を持ち上げ
僕を見て
頭をなぜてと
仕草する


頭をなぜて
喉なぜて
小さくなった
お腹をさすり
よくがんばったと 声かける


うれしそうに
喉鳴らす
ゴロゴロ
ゴロゴロ すごい音


こねこが たまの
おなかに来たよ
みんななかよく 
ミルクの時間


そして食事が
おわったら
たま つかれたと
大きく背伸び


甘えん坊で
やんちゃさん
いまではりっぱな
おかあさん 


たまは りっぱな おかあさん





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



追記
これは実話です。
我が家にいた 私の家族で一番の「たま」がお母さんになった時の詩です。
猫がこねこを産むとき、そして生れてから、
こねこを見せに来るというのは、まず有り得ないという事を大人になってから、獣医さんに聞きました。
「それだけ信頼していたんですね」と言われて、あの日の感動を、再認識した事を思い出しました。

親猫を驚かせてはだめだと、それだけは注意をしつつ、本当に辛抱強く待ちました。
驚かせると、こねこを盗られると思って、こねこを殺してしまうからです。
でも、ほんとうに まさかのハプニング。こねこを私の膝に一匹ずつ口に咥えて運んできた。
どうしていいのか分からなくて、でも小学生の私が、こねこの親に?!不思議感覚でした。

たまは私が居ると安心し、他の者が来ると、あの大人しいたまが?と、思えるほど威嚇していました。
子を守る親の気持ち、痛いほど分かりましたね。ちいさくても命、それを守ろうとした たま。
だからこそ、私も小学生ながらも、たまと家族を守りたかったんです。
「ねこ ねこ こねこ」は、先に詩として載せましたが、また良かったら読んでくださいね。

風邪を引いて、治ったはずが、また仕事に行くとクシャミばかりが出て・・再発ww
今度の土日は久しぶりの連休。楽しみにしていたのに、家にずっといることになりそうです。ww
でも懐かしい人が、突然遊びに来そうな予感がしています。結構そんな勘は当たるので・・?。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


別窓 | 猫恋詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「見えない布団」
2008-12-20 Sat 10:33

PICT0020_convert_20080516111124.jpg



「見えない布団」




ある夜 運命 出会いの時は 

小さな 箱に ひとり ポツン

寒空 みぃ と 鳴いていた  雨に うたれて 泣いていた

震える体 凍えた心 ぼくが 守ると 決めた夜

一粒 涙を 見せたよね 

ありがとう って 零れ落ちた





今では 元気に 飛び撥ね遊ぶ 

ティッシュは ビリビリ 部屋撒き散らし

書類を持ち去り 秘密部屋 隠して 困らせ 泥棒ごっこ 

悪い奴だと 刑事になって 追い掛け回して さぁ 捉まえた

嬉しそうに 胸の中  

逮捕 されるの 好きみたい





静か過ぎて 心配だから 捜して見ると 部屋の隅

まぁるくなって 自分の 腕で 腕枕

覗きこんで 顔見たら 

寝顔が ありがと 言っている 

こっちも ありがと 言ってみた

ちいさな 命 同じだね ぼくも生きてる 助け合ってる





遊び疲れて ぐっすり眠る 静かな寝息が 聞こえるね

見えない 布団を かけたげる 特別 特製 きみ専用

上等 羽毛じゃ ないけれど 温かさは 折り紙 つきだよ

ぐっすり おやすみ いつまでも ここに いたら いいからね

いついつまでも 守ってあげる 

見えない布団を かけたげる





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村




追記
別の詩を書いていて
大体出来たので、写真を捜していて、この写真を見つけ・・
全く違う詩を書いてしまいました。ww
ジブリ作品、本当に好きなものばかりです。
でも、特別に一番と言えば、「魔女の宅急便」ですね。雫。

いつも訪問・応援v(*^ー^*) ありがとぅございます♪
時間があまりなく、更新もまばらなので、過去詩をお休みの時にブログに戻して居ます。
現在88詩ほどです(今まで公開していた過去詩は、全170詩ぐらいです)
自分の軌跡です。時間がある時は、そちらもぜひ読んでコメント頂けたらとても嬉しいです。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


別窓 | 猫恋詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「ぼくの ちいさな 恋人さん」
2008-07-06 Sun 04:27

NEKO31_convert_20080425041852.jpg




「ぼくの ちいさな 恋人さん」



よちよち あるいて コテン と ころぶ

しんぱい だから 目がはなせない

ちいさな 恋人 きみの とりこ

なまえは なんて つけよかな?



どこでも すやすや ねむってしまう

ふんずけ ちゃうよ 隅っこ お行き

知らん顔して グー スー ピー

寝顔が かわいく 怒れないww



おなかが すくと おこしに くるね

はやく くれにゃーと ミルク ほしがる

なんだよ こんなときだけ ぼくの彼女?

わがまま 勝手な あまえんぼ



てのひら ちょこん まるまった

ずっとこのまま おおきくなるな

どこにも いくな ぼくの 恋人

言った 途端に 飛び降りたww



はしって ころんで 飛んで ピョン

いたずら したいの? 一緒に あそぼ

ねこじゃらし ねらいすまして つかまえた

ほら見てよ って じまんがお



だめだめ そっちは トイレじゃないよ 

あぁあ またまた おそうじだ

いつに なったら おぼえるの?

言ったら 怒った? 砂かけられた



ぼくの 恋人 名前は なぁに?

色々 考え あれこれ呼んだ

答えた 名前に 大笑い

「プリン」 と 読んだら ニャァン だってww




「プリン と 雫の 物語」

甘くて スゥィーツ 恋話模様

いつか みんなに 話そうね

きょうは ここまで また バイバイ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



追記
さっきまでちょっと残務整理を。
5月メモを書いていたこの詩の下書を見つけて・・早速追加
ハルさんの写真を捜して、見つけてニコリ。。雫。

プリンでしゅ おうえん してね 今 「我輩は猫である」を 読んでませんww  プリン。。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫



別窓 | 猫恋詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
猫恋詩「子猫が 鳴いた 泣いた」
2008-06-08 Sun 04:03
NEKO11_convert_20080425041749.jpg



「子猫が 鳴いた 泣いた」






降りそうな 夜だった




もしかしたら 僕が来るのが 分かっていたの?




あの日 偶然 公園を歩いた

野の花の隅に 怯えながら 声をかけてきた




見つけて欲しくて でも 見つけられるのが 怖そうにも・・




抱き上げると しがみつく 爪は弱くて 

命の 重みに比べれば 体は あまりに軽くて 泣きそうになったよ・・




訴えかけるような 瞳 じっと 見つめてくる




悲しげで 切なげで 物言わぬ心

言いたくても 言えない心が 余計に悲しくなってきた




ちいさな 心臓が ドクドクと波を打つ 




早鐘のように・・怯えているの 

まだ?・・信じたくても 信じきれない そんな音に 聞こえたよ




声を 出そうとして 急にやめたね




甘えたくも 今までは 許されなかったから? 

怒りたくても 幼くて そして 優しすぎて出来なかったの?




・・・やっと ちいさく 鳴いたね




伏し目がちに 願いを伝える

「このまま ここに いても いいですか?」・・そう 聞こえた・・




捨てられた 命 拾われた 命




「心配しなくても もう いいよ

きみを ひとりには しないよ」・・じっと 目を見つめて 言った・・




初めて 甘えて ニャーン と 鳴いた 泣いた・・




雨が 急に 降ってきた

空も 一緒に 泣いてくれて いるようだった・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
別窓 | 猫恋詩 | コメント:23 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3