悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
希望詩「寒空に原チャリ」
2017-02-14 Tue 10:10

inaka0044.jpg


「寒空に原チャリ」



家の前

いつもの娘

いつもチャリ!

今日は原チャリ?

?ドキ?

こっち見てに にこっとした

!ホッ!





それ、どうしたの?

「買ってん!バイトしたんや!」

そうかぁ 偉いなぁ 頑張ってんなぁ

当たり前!って顔




何にも答えず原チャリ飛ばして行った




後から知った 

一時間も前から

僕の帰りを 待って居たと・・

きっと 一番最初に

見せに来たんだね




ありがとう 

一生懸命 自分の努力 

立ち直った姿 見せに来てくれて

大人を 泣かせるなよ 

ありがとうな


harujion00001.jpg


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/02/14
この詩は
2008/01/02に投稿した過去詩です
詩を 少し書き直しました
本当は みんな いい子なんです
いい子にさせる 大人が 居るか 居ないか それだけです。雫。。

今日はバレンタインデー 
読み返し 書き直し 懐かしくて 
逆チョコ? この子にあげたくなって
2008/01/02に投稿した詩を 過去詩として投稿することをお許しください。雫。。 
尚、この詩はブログで詩を書き始めて 3作品目のものです

追記Ⅱ 2017/02/14
過去から今まで 詩を読み返していて
いい意味で何も変わっていない自分を見つけて
とても嬉しくなっています

自分の心の中で 
再投稿 するかを迷い 選んでいた詩がありましたが
全て 下手でも 出すのが 本当だと気付きました
その為 全作品を元に戻します
一番昔から、今、作業をしています、恥ずかしいのですが
読んでいただけたら とても幸せです。
尚、一部 過去の詩を このようにトップに投稿することがあると思います
その時は どうぞお許しください
手嶌葵さんのMV「瑠璃色の地球」を追加しました。雫。。

この写真は「自然いっぱいの素材集」さまからフリー素材としてお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 希望詩 | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「奇跡」
2013-06-25 Tue 00:00
7594205_20130623183005.jpg 





「奇跡」





奇跡を 信じる者には 

いつか その 恵みが訪れる

絶望の淵に 迷い込んだ時も

奈落の底に 突き落とされたとしても




希望を 捨てては いけない

絶望に 負けては いけない








誰もが あなたを 見捨てても 

たった ひとり 味方がいます

それは あなたを信じる 

あなた自身の 心です



自分が 自分を 信じてあげなくては 

どんな絶望よりも 悲しい事なのです








涙が 唯一の 友達として 

あなたの そばに いつもいます

どうしても 悲しくて 堪らない時は

涙で 心の悲しさを 流しなさい



涙は 温かく あなたを 包むでしょう

冷たい北風のような声を 消し去るでしょう









奇跡は 信じる人に 訪れるのです

永遠の 過去から 今も 未来へも

自分を信じなさい 生きなさい

愛されて 育てられたからこそ 今の命があるのだから




同じように 絶望に堕ちた人を 励まし 

共に 小さな身体を寄せ合い 生きて 奇跡を起こすために





<作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
やっと この詩が書けました。
この写真を見つけたときから、この写真に沿うような詩を書きたいと。
1月中旬に「奇跡」と言うタイトルで書き出した、でも気に入らない・・。
そして、またお休みに入り、ブログを再開するときは、この詩を・・と。
でも、やっぱり完成しなくて、やっと先の詩が書けて、再開しました。

ところが、まさかの発病、入院・・

今まであるのが当たり前だった自由な時間、
それが拘束された時間と身体に変わり、
知らない世界、見えない世界も見れた、
色々な事に気づく事が、初めて出来たのかもしれない。

病室で思った事、考えた事、有り余る時間の中で・・
そして、退院できた時・・
詩を書く命を、心を、まだ私に残してくれたのだと、そう思いました。

これからも、生きているからこそ、
困ったり、苦しい事があると思いますが・・
未来を信じて、自分を信じて、みんなを信じて
生きて行きたいと思います。

このブログを訪れてくれる全ての方に 私の心からの言葉としてこの詩を捧げます。
雫。。

追記 06/27 22:28
荒野鷹虎さまへ
コメントのお返事に、この曲のURLを載せたのですが・・
ニコニコ動画なので、ログインできる環境でないと見れなかったようですね。
うっかりしていました、申し訳ありませんでした。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 希望詩 | コメント:30 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「きみの 傍に」
2011-04-19 Tue 15:02
3842889.jpg 


「きみの 傍に」



温かな 日の光は
きみに 注いでいるよ

壊れそうな 悲しみの心にも
雲の隙間から 飛び込んでくる

きみを 守りたいと願いながら

暗い夜空には 星の光が
足元を 照らしてくれるよ

躓いて 倒れないように
手を差し伸べたくて 手を繋ぎたくて


見えない光 きみには分るはず
見詰める瞳 傍に居るよと

隣に座って 肩を抱いて
いつも此処に 心配しないで





朝が来たら 背伸びしてごらん
ほら 空に近づいたよ

掌に 光が当たり
涙を 乾かしてくれる

青い芝生は きみのベッドに
一輪の花 風に揺れる

流れる雲が 空を奔る
涙は 土が受け止めてくれるよ

きみの 悲しみが 分るから

子犬が 飛び回る
子猫が はしゃいでる
小鳥が 囀っている

小さな命 きみにも見えるでしょ

何も知らない 振りをしてるだけ
悲しくても 負けたくないから

言葉を話せない 草花たちを
見詰めると 風に揺れるように

だから きみは ひとりじゃないよ
悲しいのも きみだけじゃないよ

みんな みんな 
悲しい気持ちを 言えないだけ
悲しい心を 伝えられないだけ


悲しくなったら 想い出してごらん
愛された記憶は 消えないこと 
気づくだろう





昼の光も
星の光も
見えない光も 

いつも
きみの 傍に
 
子犬も
子猫も
小鳥も

いつも
きみの 傍に

風も
草花も
流れる雲も

いつも
きみの 傍に


きみを 守りたいと 願いながら
きみと 一緒に 生きて行きたいから





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 希望詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「悲しみを乗り越えて」
2011-04-11 Mon 00:47
4973560.jpg 



「悲しみを乗り越えて」



悲しみを乗り越えるには
思い出さないようにすることでも 
我慢することでも 
忘れることでもないんだよ


大切な人は 
想い出として 
きみの心の中に 住んでいるんだ 
温かな きみの心に包まれて 
幸せに生きているんだよ


思い出すたびに
悲しくて堪らないけれど
きっと 
きみに 
ありがとう って 
言ってるよ


傍に居ることが出来なくなっても
きみが 
生きていることが 
嬉しくて
それを 伝えるために
星が きっと 煌いて 
光 注いでくれるんだ


だから 悲しいときは 
我慢しないで
夜空を見上げて  泣いたらいいんだよ


涙は 
今 
きみにとって 
一番の 
温かな友達なんだから


だから 悲しいときは 
我慢しないで
夜空を見上げて 
泣いたらいいんだよ


きみが 

悲しみを
乗り越えるために



いつの日にか
涙は きみに サヨナラ と言うよ
強くなったね
偉くんったね
負けずに よく頑張ったね と


空には いつも きみを見守る星があるから
ひとりでも 悲しくないと
きみが言えるようになったら


旅立ちだね 
涙にサヨナラしよう
悲しみを乗り越えた きみに 
ぼくはサヨナラと 言うよ




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/03/10追記
いきものがかりり「YELL」発見。
当然、MVを投稿します。雫。。

いきものがかりYELL 歌詞

追記
被災地の方からコメントを頂いて、
そのお返事の一行に
 悲しみを乗り越えて と 書いて
その言葉に自分でもハッとして
だから詩で伝えたいと思いました。

一人の少女
家族で生き残ったのは
自分ひとりだと・・

その記事を読んで
呆然としました
他にも同じような人が居る・・

そのような人たちに
励ますのも慰めるのも
あまりにも文字は無力で・・
でも何とか書きたいと思いました

どうか希望を捨てないで
ひとりだとは思わない下さい
あなたを気遣う人はたくさんいます
私も もちろん その一人です・・。雫。。


追記2017/01/13
今日、詩を読み直して、言葉が足らないと。
最後の12行を追加しました。
そてPVを いきものがかり YELL に変更しました。

ただ、残念ながら、PVを埋め込みできませんでした。
このサイトには、私の好きな曲が一杯あって、でも直接埋め込みが出来なくて
本当に残念です、いつかここかも同じように、出来たら最高に嬉しいのにな、と。

YELL / いきものがかり

こちらのサイトに いきものがかり YELL の正規PVをやっと見つけました。
が、中国サイトと、韓国?では無いでしょうか の2つでした。

一つ目のPVが正規のものです、観て懐かしかったです。
残念ながら、このブログに載せることは出来ませんでした。
ただ、こちらに行って観る事は出来ますので、参考のために書いておきます。
★PVの再生ボタンを押したら、
二回ほど中国語のCMが出てきます、その後に再生が始まります。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 [フォトライブラリー]
さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、
ぜひ訪問しくださいね。
別窓 | 希望詩 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「人として」
2009-04-23 Thu 15:08

Photo by (c)Tomo.Yun
yun_4233_convert_20090423130025.jpg


「人として」




人は 

人として 

生まれてくる




それなのに 五体満足じゃない人を見ると まるで 人じゃないみたいに

軽蔑し 蔑み 辱めを受けて 当然のように 振舞う 者 も居る





言葉で傷つけ 自分は普通だと 




人は

ちっぽけで 弱いもの

言葉に傷ついたとき 壊れそうな心を そっと両手で押さえて

これ以上 悲しまないように 守ろうとする 

あふれるナミダは 傷跡を隠すためには きっと 必要なんだ





しかし 正しいことを 言い 伝えているのに その言葉が通じないとき

勇気を出して 立ち向かって ひとりの人の 尊厳を守ろうとして 言った言葉に

暴言を吐かれて返されたとき・・




悲しいね 

そんなことのために 流すナミダは

悔しいね




だから 

そんな人達のために 泣くのはもうやめなさい

せっかくの 綺麗なナミダが 可哀そうだよ







人は 

少しずつ 何もかも全て違うからこそ 人なんだ

そんな 当たり前の事に 気づかない? 分からない人も 居るんだね

その違いが その人にとっては 個性で 長所で 独りの人として 尊厳なのに





人は 

必要とされているから 生きていけるんだ

人は 誰かから 愛されているから 人になるんだ





人は 

時に 心に傷をもち 深い闇の中 ナミダの渦に巻き込まれながらも

這い上がろうとするのは 

人として 生きたいと願い そのための希望が そこにあると 信じているから




だから 

わたしたちは その 希望のひとつに ならなければ いけない

希望を ささえるものが ちっぽけな勇気ならば わたしたちは それを惜しまない





勇気

どんな人にも きっとあるはず

なのに 

それを知らない 気づかない 使おうとしない人もいる




どんなに能力があっても 使う勇気が無いと それは能力があるとはいえない

どんなに能力が無くても 使う勇気さえあれば それを克服できるかもしれないのだから





そして

今を生きているのは きっと そんな大切なときに使うために 勇気を育てているんだと・・





それを 証明してくれたのは

きみだね





いつか 

きみの流したナミダを 笑った人が 気づく事を願っているよ 

過ちだったことに






さぁ 

もう 

ナミダを拭いて 歩き出そう




希望を胸に 

勇気を心に 

自分の信じる道を 自分の力で 切り拓いていこうね 

信じてくれる仲間と共に




そして 

人を信じてあげよう 

人は 間違いをするから 人で

人は ロボットじゃ ないんだから





人だからこそ 傷つき 喜び 笑い 泣き 心の痛みを 支えあうことができるのだから・・





だから

人として 

生きていこうね



勇気と優しい心を もった 

ひとりの 

人として・・




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記
この詩は、ある人の勇気に対する わたしから贈る 感謝の詩です。
正義感が強く、そして 優しくて真っ直ぐな瞳を持った少女に贈る詩です。
そして この思いを同じくする人に 捧げる詩です。。

人は 五体満足な体を持って生まれている人も居れば、そうじゃない人も居る
人は 五体満足な体を持って生まれているのに 心がそうじゃない人も居る。

その 心に歪みがあるとしたら
それは 今だけの 過ちだと 信じたい
何時か 気づくこと 改めることを 信じたい

そして
わたしは わたしたちは 人として ちっぽけな 一人の人として 今を精一杯に生きている
そのちっぽけな人が 悲しみに包まれた言葉に 湧き上がる怒りと悲しみに 打ち勝つために
勇気があるのだとしたら・・

人は 自分じゃなくて 誰かを守るため 生きているんじゃないかな? って 思う事たくさんあります
そんな時 弱い人も強くなれるし 自分の力に驚くことになるのだと。

今を生きているのは きっと そんな大切なときに使うために 勇気を育てているんだと。。。
そんな気持を こめて 書いた詩です。雫。

関連詩 (ひとりじゃないよ・・繋がり)

2008-02-28 Thu 22:11 希望詩きみは ひとり ぽっち なんかじゃ ないんだよ

この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。



04/24 23:33
たくさんのコメント、応援本当にありがとうございます。感謝です。
書きにくいはずの詩に、これだけ書いてもらえるとは思っていなかったので・・。

さっき帰ってきました。申し訳ないのですが、お返事は明日帰ってからにさせてもらいます。
明日も朝が早いので、遅くなっても必ず書きますので・・よろしくお願いいたします。雫。

04/26 00:53
帰ってきて、訪問して、コメントの返事を・・と 思っていたのですが・・
とうとう、睡魔と空腹に負けそうで、食べて寝るか?食べずに寝るか?ww
の どちらかになりそうです。
だから、申し訳ないのですが・・さらにお返事が遅くなってすいません。

今日は休みです。が・・家に居て用事をするので、あまり休みにならないみたいですww
では、失礼します。└(u .u) クゥゥゥ。o ◯ おやすみ~なさぃ・・・。。雫。
別窓 | 希望詩 | コメント:36 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3