悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
過去詩 再掲 生命詩「死んではいけません」
2037-01-04 Sun 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません



96574694.jpg

作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村


追記2017/01/04
この詩は2012/08/28に投稿した詩です。
2017年01/01ブログを再開するに当たり、 
初めての方は勿論、以前に読まれた方にももう一度・・・
読んで頂きたいと、時系列的には間違いかもしれませんが
過去詩 再掲と表示
ぜひ、読んで頂く機会を増やすために、先頭に載せました、ご理解ください。

投稿日をちょうど1年後にしました。
あと一年、誰も悲しい事件がなければ、喜んで元の投稿日に戻します
この一年間、新作も出来るでしょうが、この一年間はトップはこの詩です。
どうかご理解をたまわりますよう、雫。。

追記 2017/01/05/09:10
皆様に勘違いさせてしまったようです。
本当に申し訳ありません。

この詩の投稿日を2018年01月にしたのは・・・
途中で新作や案内を書いても、この詩が来年2018年01月になっているので
来年1月までは、一番最初に表示されるようにしたかったからです。

その為この一年間は、何度も来て頂いた方は、一度読んだからもういいよ、と思っても
いやでも目にしてしまうことになります・・・本当に申し訳ありません。

この1年間はこのブログに来た人は最初にこの詩を目にするようにしたかったのです。、
それは、もしも困ったり悩んだり絶望に陥って、
心が一行の詩でも言葉でも必要としている方が訪問されたとき、最初に読んで頂くために。

お前はそんなに凄いのか?偉いのか?傲慢だ、と言われればそれまでですが・・
私が経験したように、たった一言が人を絶望から救うことがあるのです。
今度は、この詩が、その一文字、一言になるかもしれないのなら
私がそうであったように、手助けが出来る人が居るかもしれないという希望に架けたのです。

批判は甘んじて受けます・・・
どうかご理解して頂きたく、この追記、案内としました。雫。。

追記 2012/08/28
自殺する子供たち・・
許せない事件、日本のあらゆるところで・・
これは犯罪です。
醜く卑怯な者達による、集団で殺された殺人事件です。
いじめなどと言う、軽い言葉で書くことなんてできない。

これ以上は書きたくない。

どうか、これ以上、哀しみを増やさないで下さいと、願うだけです。 雫。。

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまから お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、 ぜひ訪問してくださいね。 雫

追記2017/01/07
写真を2枚追加しました。
この写真は私のお気に入りで、いつか使おうと大切にしまっていました。
今回、どうしても力を貸して欲しくて使用しました。
この写真に似合った詩が出来たときは、重複して使用したいと思っています。
その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
別窓 | 希望詩 | コメント:187 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「春よ来い!」
2018-04-11 Wed 14:25
2974100.jpg




「春よ来い」





きみは孤独

雪に埋もれた 小さな花 



真冬の木枯らしの中で ひとり佇む 幼き心

温かな声も無く 纏う衣服も 剥ぎ取られたままで

大鳥の爪を避ける 小鳥のように とどまる小枝さえも無い





孤独の壺に 嵌ったままで 這い上がることも出来ず

見上げても壺の口から 空は見えず 冷たい雪が 降り注ぐばかり

真っ暗な空間には 呼びかけてくれる 声もない





絶望という言葉が きみの心を 埋め尽くしても 

負けないで 諦めないで 挫けないで 自分を信じてあげて

自然界に季節というものがあるように きっと春が来るよ






温かな光と共に 優しい風もきみを包む それはもうすぐそこまで

掌に落ちてこぼれた きみの涙の一粒一粒を 解き放つ時はもうすぐそこまで

聞こえますか ずっと待っていてくれたのに 遅くなってごめんね って 声が・・




最後の最後は 自分を信じてあげること 自分を守ってあげること

木枯らしの舞う季節もある 心を凍らせてしまう 心ない言葉も暴力も

守ってあげて 自分を 守ってあげられるのは きみしかいないんだよ





きみも叫べ 春よ来い! 一緒に叫ぼう 春よ来い!!

温かな日差しが きみを包んで 離さないように 

可憐な花が 雪の寒さと 孤独を乗り越えたように

きっと きみも そこに立つ




負けないで 挫けないで 自分を信じて

大空に 叫べ!

春よ来い!





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村

2018/04/15:34
久しぶりに、ほぼ一年ぶりに詩を書きました。
絶望の淵に落ち込んでいる人に伝えたいな。
どんな時でも希望を捨てないで、きっときみを見守り助ける人が居るから・・
そのなかの一人が、自分だという事も・・。雫。。



1655558_20180411141714bfa.jpg

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

追記
申し訳ありませんが、コメント欄は開けていません。
明日、病院再訪問があり、検査などの結果待ちになります。

昨日娘に子供が生まれ、母子共に健康であるので、それが何よりです。
色々な心配事が、解消されてしまいましたので。
あとは、私ですね。

いい結果になって、健康状態が問題なければ、そんな時間はまた訪れると思います。
みな様も、どうかご健勝でありますよう、心より祈っています。雫。。

別窓 | 希望詩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「ひとりと 一人と 独り」
2017-04-28 Fri 00:00
eyes0332.jpg





「ひとりと 一人と 独り」




時々
ひとりに
なるときは

こんな ひとりを 書くんだよ



一杯
いる人
その中の

たまたま 一人は こう書くよ



ひとり 
ぽっちで 
だぁれもいない 

ずっと 独りは こう書くよ








ひとりで 
泣いても 
それは今だけ・・

明日に なったら 誰か居る



一人で 
泣いても 
それは今だけ。

心配 みんな すぐ寄ってくる



独りで 
泣いても 
それは今だけ?

いつまで 待っても だぁれも来ない







だから 
ごめんね 
ときどき 助ける

ひとり は まだまだ あまえんぼう



だから 
ごめんね 
なにも いわない

一人 は みんなが そばにいるから



だから 
ごめんね 
きみを 助ける

独り ぽっちの きみの そばに




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



2017/04/25追記
この詩は2008/03/22に投稿したものです。
悲しい事件がいつまでも続いています、
そうならないように願って再投稿します。雫。。

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまから お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、 ぜひ訪問してくださいね。 雫
別窓 | 希望詩 | コメント:48 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「夢に向かって走れ」
2017-03-19 Sun 00:00
8747161_2017032416533260b.jpg





「夢に向かって走れ」




きみの奏でる曲は 
悲し過ぎて 泣かずに聴けないよ

でもね 笑顔は似合わない 
涙が似合う そこが好きなんだ



負けるな 頑張れ 自分を 励ました 
負けるな 頑張れ きみを 励ましたい



自分は 何も出来ない 
それが 分かっているくせに 応援したいんだ

好きにさせて 努力が実らない時もあるって 
わかっているからこそ 応援したいんだ






夢は諦めた時 目が覚めて消えてしまう 
続きを見たくても 二度と見れないよ

夢を諦めるな がむしゃらに走れ 
息の続く限り 自分を信じて 立ち向かえ



負けるな 頑張れ 自分を 励ました 
負けるな 頑張れ きみを 励ましたい



負けてもともと 最初は何もなかった 
生きているからこそ 夢が見れるんだ

勝たなくてもいい そこに未来があるなら 
自分で造れ 道を 夢を 追い続けて






強い人なんていない みんな弱虫 
支え合って 助け合って 生きてきたんだ

同じように きみも夢を持て 
たった十年 二十年 生きてきて 見た景色はちっぽけだ



負けるな 頑張れ 自分を 励ました 
負けるな 頑張れ きみを 励ましたい



夢を諦めないなら きっと見れる 
振り返って 見た景色 何が見える

きみを囲んで 笑顔が見える 
涙を拭き飛ばせ 全力で走る 自分が見えるまで




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村





2017/03/19追記
この詩は
NHK「火花」4話を見て 
ストリートミュージシャンが
田舎に帰る 最後の曲を 
主人公の為 そして 自分の為に 奏でた時・・
思わず書きたくなって 聴きながら書き上げた作品です。

不思議ですね、
時間があっても  詩が書けなくて、感動が書かせてくれた詩です。
MVは
この曲を少し前に聴いて 
同じように感動して いつか使わせてもらおうと思っていました。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。

別窓 | 希望詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「奇跡」
2013-06-25 Tue 00:00
7594205_20130623183005.jpg 





「奇跡」





奇跡を 信じる者には 

いつか その 恵みが訪れる

絶望の淵に 迷い込んだ時も

奈落の底に 突き落とされたとしても




希望を 捨てては いけない

絶望に 負けては いけない








誰もが あなたを 見捨てても 

たった ひとり 味方がいます

それは あなたを信じる 

あなた自身の 心です



自分が 自分を 信じてあげなくては 

どんな絶望よりも 悲しい事なのです








涙が 唯一の 友達として 

あなたの そばに いつもいます

どうしても 悲しくて 堪らない時は

涙で 心の悲しさを 流しなさい



涙は 温かく あなたを 包むでしょう

冷たい北風のような声を 消し去るでしょう









奇跡は 信じる人に 訪れるのです

永遠の 過去から 今も 未来へも

自分を信じなさい 生きなさい

愛されて 育てられたからこそ 今の命があるのだから




同じように 絶望に堕ちた人を 励まし 

共に 小さな身体を寄せ合い 生きて 奇跡を起こすために





作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

創作詩ランキング

にほんブログ村



追記
やっと この詩が書けました。
この写真を見つけたときから、この写真に沿うような詩を書きたいと。
1月中旬に「奇跡」と言うタイトルで書き出した、でも気に入らない・・。
そして、またお休みに入り、ブログを再開するときは、この詩を・・と。
でも、やっぱり完成しなくて、やっと先の詩が書けて、再開しました。

ところが、まさかの発病、入院・・

今まであるのが当たり前だった自由な時間、
それが拘束された時間と身体に変わり、
知らない世界、見えない世界も見れた、
色々な事に気づく事が、初めて出来たのかもしれない。

病室で思った事、考えた事、有り余る時間の中で・・
そして、退院できた時・・
詩を書く命を、心を、まだ私に残してくれたのだと、そう思いました。

これからも、生きているからこそ、
困ったり、苦しい事があると思いますが・・
未来を信じて、自分を信じて、みんなを信じて
生きて行きたいと思います。

このブログを訪れてくれる全ての方に 私の心からの言葉としてこの詩を捧げます。
雫。。

追記 06/27 22:28
荒野鷹虎さまへ
コメントのお返事に、この曲のURLを載せたのですが・・
ニコニコ動画なので、ログインできる環境でないと見れなかったようですね。
うっかりしていました、申し訳ありませんでした。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 希望詩 | コメント:30 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3