FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は3番目の作品からです。
2037-01-04 Sun 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません




96574694.jpg


作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

詩・ポエムランキング




追記2017/01/04
この詩は2012/08/28に投稿した詩です。
2017年01/01ブログを再開するに当たり、 
初めての方は勿論、以前に読まれた方にももう一度・・・
読んで頂きたいと、時系列的には間違いかもしれませんが
過去詩 再掲と表示
ぜひ、読んで頂く機会を増やすために、先頭に載せました、ご理解ください。雫。。

追記 2017/01/05/09:10
皆様に勘違いさせてしまったようです。
本当に申し訳ありません。

この詩の投稿日を2018年01月にしたのは・・・
途中で新作や案内を書いても、この詩が来年2018年01月になっているので
来年1月までは、一番最初に表示されるようにしたかったからです。

その為この一年間は、何度も来て頂いた方は、一度読んだからもういいよ、と思っても
いやでも目にしてしまうことになります・・・本当に申し訳ありません。

この1年間はこのブログに来た人は最初にこの詩を目にするようにしたかったのです。、
それは、もしも困ったり悩んだり絶望に陥って、
心が一行の詩でも言葉でも必要としている方が訪問されたとき、最初に読んで頂くために。

お前はそんなに凄いのか?偉いのか?傲慢だ、と言われればそれまでですが・・
私が経験したように、たった一言が人を絶望から救うことがあるのです。
今度は、この詩が、その一文字、一言になるかもしれないのなら
私がそうであったように、手助けが出来る人が居るかもしれないという希望に架けたのです。

批判は甘んじて受けます・・・
どうかご理解して頂きたく、この追記、案内としました。雫。。

追記 2012/08/28
自殺する子供たち・・
許せない事件、日本のあらゆるところで・・
これは犯罪です。
醜く卑怯な者達による、集団で殺された殺人事件です。
いじめなどと言う、軽い言葉で書くことなんてできない。

これ以上は書きたくない。

どうか、これ以上、哀しみを増やさないで下さいと、願うだけです。 雫。。

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまから お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、 ぜひ訪問してくださいね。 雫

追記2017/01/07
写真を2枚追加しました。
この写真は私のお気に入りで、いつか使おうと大切にしまっていました。
今回、どうしても力を貸して欲しくて使用しました。
この写真に似合った詩が出来たときは、重複して使用したいと思っています。
その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
別窓 | 生命詩 | コメント:286 | トラックバック:0 | top↑
過去詩 2 生命詩「花と人」 更新は3番目の作品からです。
2036-03-17 Mon 00:00

azisai01_convert_20080604203027.jpg





「花と人」




花は ひとりで 咲いている



森の日陰で 咲く花も

子供の通う 道端にも

老夫婦 仲良く手をとり 歩く道にも

車 行き交う 道路横にも

山の 斜面に ひっそりと ひとりぼっちで 咲く花も



みんな 綺麗と 言われたい

みんな 可憐と 言われたい



けれども ひっそり しぼむ花

誰にも 見られず 枯れる花

こんな所と 言えないで

泣き言 なんか 言わないで

悲しい 言葉も 言えなくて




それでも 綺麗に 可憐に 咲いている




名も無き花も 高価な花も 

花に変わりは ないんだよ

一生懸命 綺麗に咲いて 自分の命を 終えるんだ




人も 同じで 赤子で生まれ

人生 華やか 過ごす人

道端 ばかりと 泣く人も

最初は だれも みな同じ

赤子で 生まれた はずなんだ



人は 歩いて 行けるけど

花は 歩いて 行けないよ



人は 躓き 倒れても

何度でも 立ち上がって 歩めるよ



花は 躓き 倒れる足もない

自由に 選べる 道もない




どちらが 幸せ 不幸せ


育ててくれる 父もない 甘えたくても 母もない


それでも 花は可憐に咲いて 人を労わる 心を持つよ





自由に 選べる 道がある 人ならばこそ 人になれ





身勝手ばかり 言うような

人を 押しのけ 喜ぶような

人を いじめて あざけるような




そんな 人には なりたくないと・・

花は

言って いるよな 気がするよ・・




花は ひっそり 咲いて 散る

誰にも 知られず 咲いて 散る

綺麗な 心のままで 咲いて 散る・・





作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

詩・ポエムランキング






2018/06025追記
とてもいい歌なのですが、上の動画では見れなくなっていました。
その為、今、探してきました。

カノン - 明日への鼓動

画面上の、▶ボタンを押してもらえれば、聴けるようになります。

2017/03/13と15と16追記
2008/06/04に投稿した詩です。
詩を一部書き直し、MVを初めて一緒に。

伝えたいのは・・いじめをしている人に

人として、恥じない生き方をして欲しい。
弱い人を、自分のはけ口として、暴力、暴言、排他、無視、
同じことを自分がされて、それは嬉しいことでしょうか?

人は間違いをします
それに気付くのも人です

今がその時です、
自らを改める・・チャンスは多くはありません。
気付き、直したいと思う時、それが今なら、

自らが自分と戦う時です。

人は間違いをします、
しかし、
それを直すことが出来るのが、人の強さだと思うのです。

いじめられている人を,、応援した詩が、生命誌「死んではいけません」なら
いじめている人が、その行いを間違いだと気付き、改める人を、応援する詩が、
生命誌「花と人」です。

過ちては改むるに憚ること勿れ
あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ

どうか、私の心を真っ直ぐに見つめ、真心で受け止めてください。
あなたを信じています。雫。。

この作品で使用している写真は無料写真素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 生命詩 | コメント:82 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「紙芝居のおっちゃん」
2018-05-30 Wed 00:00
72694385.jpg





「紙芝居のおっちゃん」



カーン カン カン 拍子木鳴った 
おっちゃん にこにこ やって来た
今日の お話 なんだろう? 
冒険 おばけか チャンバラか?


みんな こっちに 寄っといで 
50円 もって 寄っといで
おっちゃん 掛け声 おっきくて 
公園 すみずみ 聞こえたよ


天かすせんべい ソース付き 
パリッと 食べたら 甘かった
水あめ  箸でぐ~るぐる 
かき混ぜ 柔らか パクリんちょ
くじに 型抜き うさぎさん 
みんな どれも 50円




子供がひとり 電信柱の 陰に居る 
50円 ない子は そっと見る
おっちゃん 声を 大きくしたよ
聞こえて にっこり 笑顔になった


おっちゃん お話 上手だね
みんな 真剣 まばたきしない
紙がさっと 一枚変わる 
太鼓が 鳴って ひきこまれ
そこから その後 どうなるの? 
おっちゃん いつもの せりふ 言う


はい これまでよ~ 
続きは 来週 おたのしみ~
え~という声 ブーイング
それでも おっちゃん 好きだから
絶対来てね また来てね 約束したよ
また 1週間の まちぼうけ




ある日 テレビが 現れた 
箱がしゃべる お金もいらない 
魔法の箱だ びっくり箱だ
カーン カン カン  カーン カン カン
拍子木 鳴っても 子供が来ない
みんな テレビに 食べられた


おっちゃん 悲しく 公園出たよ 
雨じゃないのに お顔が濡れた
最後の 拍子木 鳴らしたよ 
さよなら ばいばい 元気でね


子供の いない 公園に 
50円玉 ポツンと 落ちていた
紙芝居の おっちゃん げんきかな 
拍子木  鳴るのを 待ってるよ


作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

詩・ポエムランキング





2018/05/28
詩を半分書き終わてから、動画を捜すことに 
そんな音楽ないだろう、そんな思いで検索したら・・
え、こんな実際の映像が飛び込んできた、
びっくりしたし うれしかった。

まだ現役、でも・・、 
日本全国に5万人もいた街頭紙芝居師さんが 
たった一人になっていたとは・・

念のために、一言付け加えさせていただきます。
この詩、及び、ラストの内容等は、この動画の杉浦様とは全く無関係です。
たくさんの辞めていかれた方々を思い、書いたものです。

今、少しレトロブーム?で紙芝居が復活しつつあると聞きました。
ブームではなくて、子供たちに愛される紙芝居になって欲しいと思います。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 生命詩 | コメント:44 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「ちいさくなった青空」
2018-04-25 Wed 00:00

e94e5e740.jpg





「ちいさくなった青空」





あれだけ降っていた 雨が止んだね

青空になったよ もう泣かないでと



きみは 最後まで 優しい子なんだね

だから泣いたよ みんな だから泣いたよ





おかあさんと 二人だけの 家族だったのに

生きたかったよね ささやかな幸せだけを 望んでいたのに



闘ったよね 最後の最後まで 希望を捨てないで

しかし 病魔は きみを 連れ去った








最後の別れ きみを 見たよ

今にも 眠りから覚めそうな 安らかな寝顔



嘘だよね また悪戯 寝たふりしてるみたいで

白い顔 それだけが 現実を伝えて悲しくて





棺 クラブの仲間が ささえたよ

きみの重み 命の重み 生きてきた重み



最後の クラクション 鳴った

きみがくれた 青空に 響き渡った





優しい声で みんなに 伝たえたんだね

ごめんね サヨナラ って 聞こえたよ



別れの言葉 みんなも 言ったよ

ありがとう さようなら 忘れないよ









きみは 生まれて 育って 大きくなって

なのに 小さくなって 戻ってくるんだ



小さくなった おかあさんに

いつまでも 抱きしめて もらえるように・・






これからも いつも 一緒だよ

おかあさんの 心の中でも



わたしたちの 心の中でも

きみは いつまでも 生きつづけているのだから







ちいさくなった青空は

これからも 果てしなく つづくよ



過去から 末来へと

きみが 14年間 生きてきた 証として・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

詩・ポエムランキング







追記2008/05/06に更新した詩です。
娘の同級生でした。
短い命を終え、おかあさんにとっては絶望の日に。
それでもおかあさんは、娘の供養をするのは、自分しかいないと。
気丈に・・
小さな身体が、さらに小さく見えた、あの日。
娘が、私の涙を見たのは、生まれて初めてと、言ったのも、あの日。

あれから、もう10数年、私の娘も結婚し、子供を授かった。
おかあさんは、こんな話を聞いたら、どう思われるのだろう。
きっと
精一杯の笑顔で、祝福してれるのではと、思えるのです。

亡くなった少女が好きだった曲、湘南乃風 「純恋歌」
もしや、と思いネットで調べたら、
昨夜、あったのです、以前消されていた、この曲が。
ずっと消えて居て、聴くことが出来なかったこの曲が。

許してくれるている、そんな気がしました。
そして、今だからこそ、詩を再投稿します。

同じような思い出があり、
その悲しみを蘇られる方が居るかもしません。
心乱すことがあるかもしれません・・
悲しみを深くする意図はありません、どうかお許しください。雫。。


追記2008/05/06
この曲「朝日の誓い」を聴いて居たら、
何故か終い込んでいたこの詩を思い出したのです。
もう3年も前に書いていた詩です。もうすぐ、4年目を迎えるのに・・。
言葉を追加し、削除し、やっと出来上がった今も、投稿することに悩みました。
だから、申し訳ないのですが・・
この詩の内容をコメントで質問をされても、お返事は書くことは出来ません。
普通のコメントは、いつものように・・書いて頂きますように・・。
どうぞ よろしくお願いします。雫。

亡くなった少女が大好きだった曲です。 湘南乃風 「純恋歌」


この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫。



別窓 | 生命詩 | コメント:58 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「天国の運動会」
2018-04-18 Wed 00:00

3194123.jpg






「天国の運動会」




お父さん お母さん 
心配しないで 悲しまないで
わたしは 
みんなと 仲良く 運動会 しているよ


あの日 
一緒に 天国に 行った 人たちと
助け合って 
慰め合って 天国で 生きているよ



ひとりぼっち じゃ ないから 心配しないで



届いたよ ランドセル 
ありがとう この色が欲しかったから 嬉しかったよ
お兄ちゃん お姉ちゃんの  
中学の制服も 届いたって みんな泣いていた



そして もっと大きな
お兄ちゃん お姉ちゃんたちの 高校の制服も 
届いたから心配しないで って
みんなに 伝えてって 言われたよ






空に雲一つない日は 
地上が見えるんだ 泣いてる姿見ると 悲しくなるから
もう 泣かないで 
私 泣いてないから 心配しないで






今日は 運動会 駆けっこ  するんだ
きっと 一等賞に なるからね 
空を見上げて 応援してね
でも 転んで 負けちゃったら ごめんね



応援席では 
大学生の お兄ちゃん お姉ちゃんも 
大歓声 
知らない人が 友達みたいに 応援してくれるんだよ



おじさん おばさんも 大声で
おじいちゃん おばあちゃんも 手を叩いて
知ってる子を 知らない子を みんなで 応援するんだ 
大大大運動会だよ
みんな みんな あの日 天国に 来た人たちだよ





お昼には 
みんなが持ち寄った お弁当 一緒に食べるんだ 
パンフレットに 書いてあったよ
みんなが家族 みんなのお弁当 少しづつ 貰いましょう



あ それとね 今日天国は  お天気なんだ
雷さん親子を 招待してるから 雨降らすの お休みだって
あ 次の ダンス 私の出番 呼んでるから 行くね
ちゃんと 出来たら 空から おーい って 呼ぶからね



聞こえたら はーい って お返事 してね
 もう 泣いちゃ ためだよ 
笑って 大きな声で 応援してね
じゃ 天国の運動会 がんばるね




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。

詩・ポエムランキング




追記2018/04/17
この作品は、2017/03/09に
下書きとしてブログ内に残していたものです。
震災の日に合わせて、投稿する予定でした。

しかし、自分の意志とは逆に、悲しみを深めてしまうのでは・・と。
投稿できないでいました。

今回、私自身が、生命の危機、孫に会えずに一生を終えるかもしれない?!と。
本当に運よく、命を再びもらい、こうして生きています。

ならば、悲しみを深めて不快を覚える方もいるかもしれませんが・・
どうかお許しください。

この詩で伝えたかったのは、天国に無事について、みんな仲良く暮らしているんだ・・と。
私のありのままの気持ちを詩に託して、今回投稿することにしました。

生死は紙一重です。
私が今回生き延びられたとしても、それが永遠ではないのは確かです。
ならば、悔いのないよう、詩に命を与え、解き放ちたいと思ったのです。
2018/04/17 詩9行加筆しました。雫。。


追記2018/04/18
ご心配をおかけしました。
本日から、コメント書いてもらっても大丈夫です。
本当?と、思われると思いますが、大丈夫です。ww

「ほんまかいな?」「ほんまです!」

また、コメントが無い詩は、可哀想で・・
お返事書けることを願っていますので、どうぞ。。

病院を転院することになりました。
家の近くにかわります。
変更事項などありましたら、
連絡文を投稿しますので、宜しくお願い致します。雫。。

追記2018/04/23
ブログ、コメント表示など変更内容のお知らせを
4月末で、ブログ内に収めます。
みなさまに、周知できたのではないかと思うからです。
たくさんのコメント、ありがとうございました。
尚、そのコメントなどを再度読みたい希望などがあれば、ご連絡ください。
また、その間、復活しますので。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 生命詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3