悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
優心詩「雫の子守唄」
2017-03-10 Fri 00:00
eyes0246uu.jpg




「雫の子守唄」




子供たち

遅い時間に 

まだ起きている



仕方が無いので お話しするよ



我が子の 瞳が 輝いた

布団に

駆け込み 待っている

まるで 子猫だ 可愛いな





さぁさ 

今夜の お題は なぁに?

長男 長女 が 考える



「雨」 と 「星」



はぁい 決まった 少し待ってと 考える

待ってる姿は 

お人形



少し前まで 暴れていたのが 嘘みたい



可愛い わが子に お話を

するのが 子供の ころから

夢だった





まだか 

まだかと せかされる

うん 



決まったと 一緒に 布団


入れば 

お話 始まるよ





むかぁし 

むかぁし あるところ



おんぼろ ぼろぼろ お家があった



おじいさんが 

住んでたよ

雨漏り するよな 家だった




ある日 

ある夜 雨さんが

水道 みたいに 雨降らす


夜空の星は 

それ見て 泣いた



おじいさんを いじめちゃダメだ



ふたりの 

子供も 泣き出した



心配 しなくて いいんだよ



お話 きっと 

ハッピーエンド



も少し ゆっくり 聞きなさい



うんと うなずく 

ふたりとも

なんて わが子は 可愛いと

親馬鹿 

だなと ひとり 微笑む




夜空の星が 

おんぼろ家に やってきた

おじいさんや 心配いらぬ


私が 

お屋根に なって あげるよ


星屑 少しけずって 屋根に貼る


雨は 

どんどん 降っている


でもね

安心 穴が無い


雨漏り 止まった 万々歳



もう安心 

夜空の星さん 帰っていった



雨が降っても 大丈夫



ありがとう 

と おじいさん

頭を下げて 手を合わせ 

手を振って 見送った





お屋根に 

星屑 貼ってある

光る家が あるぞと みんなが驚いた



これは めずらし 大評判



いろんな とこから  


観光客が


どんさか わんさか 押し寄せた


遠いとこから よく来てくれましたと

おじいさん 

一生懸命

心を込めて お餅を作って 売りました




お金も

出来たし 余裕もできた 


でもね おんぼろ家は そのままだ


雨降って 

夜空の星が 

助けてくれた その時の 



そのままの

気持ちで 

生きて 行こうと 思ったからさ



おんぼろ ぼろぼろ 家のまま 家のまま・・



さぁさ 

お話 終わったよ




感想 

聞こうと 顔見たら

あれま 

ぐっすり 眠ってる


子守唄 みたいに 良く効くな


さぁさ 

私も 寝ようかな



ふたりの 子供と 川の字で・・。。



作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/03/09追記
投稿した日は2008/05/13です、が。
詩を大部分 書き直しました、だから純新作?

カテゴリー、生命誌でしたが、優心詩に変更します。
この方が合っていると思った事と、
優心詩さんたちも、続いて読んで欲しい意味も込めて。

この物語は、昔の我が家の、
ある夜の、一風景です。

子供のころからの夢でした。
子供に恵まれたら、こんな風にしたいな・・と。

それは、私が、末っ子で、何かを上に頼んでも
また今度、また明日、そして、いくら待っても
そんな風にかまってもらえなかったから。

子供が出来たら、
そんな、悲しい思いをさせないでおこうと、
幼稚園児のころ、既に決めていました。

子供の、何?何故?には、なんでも答えてあげようと、
そして、お話も自分で作って、話してあげようと。

かまってもらえないので、
小さい時は、花や植物、猫が話し相手、そして友達でした。
だから、未だに、
花、植物、猫とは、会話が出来るような気がしています。

ざこば・鶴瓶らくごのご って番組がありましたね。
見ていると、自分にもできることが分かりました。
お題を子供たちに出させるのは、これを真似ています。

お題はいつも、子供にひとつずつ考えてもらって
その場で即興で作りました。

お話しするのは、風呂場か寝床
何故風呂場で?それは息子が風呂嫌いだったから
お話をするよ、と言えば、喜んで入ったので。

二人に話した、お話で、できた作品の一つが
童話「ゆびきりげんまん」です。
お題は「時計」と「くわがた」でした。

今日、娘にお題で電話したら、
娘が「時計」で息子が「くわがた」でした。
懐かしいなぁ、と言ってくれました。
写真は、私と子供二人を表しています。。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 優心詩 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
<<生命詩「Memories」 | 雫にサヨナラ | 幼子詩「かくれんぼ」>>
コメント
素敵な親子関係がみれて優しい気持ちになれました。
ありがとうございますi-189
2008-05-13 Tue 15:25 URL | みち #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは、雫。(*^^*)

あたたかい気持ちになりました。
子供じゃないのに・・・(笑)
本当に傍でお話を聞いている気分でした。

こんなお話を聞くと、気持ちが癒されます。
星屑を すこしけずって 心にはったら
きっと元気になれるような気がしました。
新しい心はいらないから、
星屑を少しだけ 私も欲しいなっ^^なんて(笑)

雫の詩は、どれを読んでも
心が洗われるような純粋な気持ちになれます。
そんな心を持ち続けている雫は素敵です。^^

世界でひとつだけの童話を、大切な人の
優しい声で聞きながら、眠れる子供さんは、
本当に幸せですね。
そして、その幸せそうな寝顔に、笑顔と
元気をもらい、愛おしさを感じるのでは?
素敵な夜を覗かせて頂きました。
ありがとっ☆ 応援ポチッ♪
2008-05-13 Tue 15:55 URL | sora #EvLE3K6A[ 内容変更] | top↑
★ みち さんへ
ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪

>素敵な親子関係がみれて優しい気持ちになれました。
>ありがとうございます

はい、でも、これには訳があります。
自分がして欲しかったのに、してもらえなかった、だから・・
なんですね。

家が仕事をしていて、普通のサラリーマンの家庭じゃなかったから
学校からの雑巾の宿題、でも家でしてもらえなかったから
自分で縫ったりとか
お腹が空いても晩ご飯は遅かったので、仕方なく自分で作った
みんな兄弟は上ばかりで、一緒に遊ぶ事も無くて・・
だから子供たちには少しぐらいいいお父さんになりたかったんです・・。

同じ思いをさせないように・・。

2008-05-13 Tue 18:45 URL | みち さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
(。ゝェ・。p[+゚。こんばんは。゚+]q

>あたたかい気持ちになりました。
>子供じゃないのに・・・(笑)
>本当に傍でお話を聞いている気分でした。

ありがとう。そう言ってもらえたら嬉しいですね。
いやぁ・・soraは、子供みたいだよww
もしかしたら?私と同じような子供時代じゃなかったのかな?って
そんな気がします。
甘えたいのに、忙しいとか、甘えさせてもらえない事情があったりとか・・
だから?甘えるのが下手?な、ような気がするんだけど・・?

>雫の詩は、どれを読んでも
>心が洗われるような純粋な気持ちになれます。
>そんな心を持ち続けている雫は素敵です。^^

はい、子供のまま、大きくなり、今を迎えていますからww

>世界でひとつだけの童話を、大切な人の
>優しい声で聞きながら、眠れる子供さんは、
>本当に幸せですね。

考えたらそうだね。たったひとつの童話だったんだ。
今気がついたww
こどもの友だちがお泊りに来て、お題が三つになったりして
その子がお話が気に入って、何度も泊まりにくるようになりましたねww

結局、自分がしてもらえなかった反動もあるんですよ。
他にもいっぱいね。
だから、いつか詩や短編にするかも? なぜ?を聞いても教えてもらえなくて、だから
大きくなったら、その「何故?どうして?」を、質問して欲しかった・・
これも私の小さな時の夢・・子供の時だよ、ちょっとかわいそうな子供時代だったなぁ・・

>ありがとっ☆ 応援ポチッ♪

こちらこそ、コメント応援ありがとう。(o^▽^)o)
2008-05-13 Tue 19:02 URL | sora さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
雫さん こんばんはー
はじめてこちらにも遊びに来ちゃいました
私も子供時代甘えることできなくて本を読んでもらう事も一緒に寝ることもなかったから子供とは 「おかあ うるさい」って言うほどおしゃべりしてスキンシップしてます
19歳と15歳男の子ですから母親は嫌なのかな?
それでもめげずに触りまくり・・・
友達けっこうつれて来るので楽しいです!!
応援 ぽち!
2008-05-13 Tue 23:33 URL | ちーねえ #X4YsqK5w[ 内容変更] | top↑
★ ちーねえさんへ 
『*+:。こんば*+:。』・ω・´o)ノ゙んはぁ~

>はじめてこちらにも遊びに来ちゃいました

はい、ありがとうございます。大歓迎ですよww

>私も子供時代甘えることできなくて本を読んでもらう事も>一緒に寝ることもなかったから
>子供とは 「おかあ うるさい」って言うほどおしゃべりしてスキンシップしてます

同じなんですか。それは淋しかったですね。
だから、その反動?ですかww
でも、今は良かったですね。男の子とwwスキンシップって。
それだけ、おしゃべりしてくれるのは、案外珍しいかな?
どうなんだろう?
でも、良かったですね。仲のいい親子で。。

>19歳と15歳男の子ですから母親は嫌なのかな?
>それでもめげずに触りまくり・・・

うん、普通はそうかも。あまり話ししませんからね。
自分からは、物をねだるときぐらい出ww

>友達けっこうつれて来るので楽しいです!!

それはいいですね。自分の家庭が好きな証拠だから。
嫌だったら、家に連れて、家族を見せたいとは絶対に思わないから。

>応援 ぽち!

ありがとうございます。また、こちらにもぜひ、来てくださいね。
2008-05-14 Wed 05:19 URL | ちーねえさんへ  雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは。あたたかい詩をありがとうございます☆
星さん今夜もありがとう
おかげでゆっくり寝られるよ
今度空にかえるときは
少しさびしいけれど
その気持ちが嬉しいんだ
いつもありがとう


優しい言葉ですね。そしてあたたかいです。
雫さんが一回夜にお話すると子供さんたちずっと起きるのが楽しみになりそうですね(笑)

もう一つのブログなんですけど、ささやかながら「雫にサヨナラ」もリンクさせて頂きました。。。

では応援クリックしていきます!!コメントの返信が遅くて申し訳ないです…。学校行事の関係で来週になると思います。なかなか来られずで、返信も遅く本当に毎回すみません…m(_ _)m
2008-05-15 Thu 00:49 URL | 光藤 雫 #-[ 内容変更] | top↑
(○´∀`)ノ゙こんにちゎ★

>星さん今夜もありがとう

はい、返詩ありがとう。きっと空の星サンも喜びます。
で、ひとつ
「空の星」って なって居るのは 「海の星」もあるんです
海の星は「ひとで」らしいですww
もういくつ話をつくっただろうかww でも、ほんの数編以外は忘れてしまった。
ものすごく残念。ビデオにでも撮って置けばよかったとww

>優しい言葉ですね。そしてあたたかいです。
>雫さんが一回夜にお話すると子供さんたちずっと起きるのが
>楽しみになりそうですね(笑)

うん、楽しみにして待っているから。話が始まるまで寝なかったww
前日にお題をもらったら仕事中も考えて、仕事にならなかったよww
電車の中で考えていたら、乗り過ごしてしまったりねww
そして
風呂場で話した時は最高、みんなのぼせても最後まで聞いていたww
何でのぼせるか?ってのは
友だちが泊まりに来た時は、人数が多くて話が長くなったからww
その友だちもお話が楽しみに泊まりに来てくれたよ。。

>もう一つのブログなんですけど、ささやかながら「雫にサヨナラ」もリンクさせて頂きました。。。

ありがとう。
また雫さんのところから一人でも多くの人が来てくれたら嬉しいな。

>では応援クリックしていきます!!コメントの返信が遅くて申し訳ないです…。
>学校行事の関係で来週になると思います。
>なかなか来られずで、返信も遅く本当に毎回すみません…m(_ _)m

応援感謝感激です。
返信は遅くなってもいいよ、読むのが楽しみなんだよ。
学校の行事、少し読んだよ。すごいね、またどんな風になったのか教えてね。
はい、こちらこそあまり訪問できずにごめんね。
2008-05-15 Thu 17:36 URL | 光藤 雫さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
子供のころ、よく母親が絵本の読み聞かせをしてくれました。内容はわからないところがあっても、母が読む言葉のリズムが好きで聞き入っていましたね。
寝る前の楽しいお話は、内容もさることながら、リズムが大切な気もします。ゆったりとリラックスできるような、のびのびと広がっていくような、そんな詩です。
今日の詩はまさにそれですね^^
2017-03-10 Fri 09:29 URL | 八咫烏(冬眠中) #-[ 内容変更] | top↑
★ 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫
こんにちは訪問、コメントありがとうございます。

> 子供のころ、よく母親が絵本の読み聞かせをしてくれました。
内容はわからないところがあっても、
母が読む言葉のリズムが好きで聞き入っていましたね。

同じでしたね。全く同じでしたね。懐かしいです。
私も、お話をしてくれているだけで、嬉しくて、そしてリズムあって。
もうワクワクで、布団の中で、聞き入っていました。

> 寝る前の楽しいお話は、内容もさることながら、
リズムが大切な気もします。
ゆったりとリラックスできるような、
のびのびと広がっていくような、そんな詩です。
> 今日の詩はまさにそれですね^^

ありがとうございます。リズム、私もそれは大切にしています。
書いた後、読んでリズムがおかしいと、
直して、また読んで、直しての、繰り返しで書いています。
それを、指摘してただいて、とても嬉しいです。

昔、あるブロガーさんに、雫は七色の詩を書くと、言われました。
その一つが、リズムの詩だと、言われ、嬉しかったことを思い出しました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
2017-03-10 Fri 17:00 URL | 八咫烏(冬眠中) さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
★ こんばんは
心温まるお話ですね^^
助手は子供が小さかった頃
毎晩、絵本を読み聞かせたそうです。

ポチッ全部!
2017-03-10 Fri 21:10 URL | 土佐けん #tHX44QXM[ 内容変更] | top↑
★ 土佐けん さんへ 雫
こんばんは

こんばんは、お返事遅くなり申し訳ありません。
気が付くのが遅くなりました。

> 心温まるお話ですね^^

ありがとうございます。
そんな風に、言ってもらえたら、本当に嬉しいです。

> 助手は子供が小さかった頃
> 毎晩、絵本を読み聞かせたそうです。

そうなんですか、子供さん嬉しかったでしょね。
ぜったい夢のある、優しい夢のある人に育つと思います。
そして、子供さんも、きっといつか、同じように話をする
優しい人になると思いますね。

助手さんの写真も拝見していますよ。
好きなものを、好きなように撮っていただけたらと。
お酒も、お二人とも好きなようで、ww
楽しくコメントも読ませてもらっています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

> ポチッ全部!

応援、ありがとうございます。本当に励みになります。
o(*^▽^*)o~♪ワーイ!!アリガトデスー!!
2017-03-10 Fri 23:46 URL | 土佐けん さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
こんばんは。
コメントをいただきながら そこにお返事もせずすっかり時間がたってしまいました  ごめんなさい。
こちらを訪問した時に お返事は是非ここに書きたいと思ったのですが ネットには入っているものの このところ集中していることがありまして 気持ちの中で書く態勢ができていませんでした。
口下手というのか 書き下手というのか 私は投稿にもコメントにもとても時間がかかるほうなので…。


私は 金子みすゞさんの詩は あまりたくさんは読んでないのですが
雫さんの詩は 私にはまるで みすゞさんのようだと感じました。
誰にでもわかる優しいことばで 語りかけるというのは 私にはできないことですが ひとことづつ胸に落ちていきます
素敵ですね

まだ少ししか 拝見していないのですが ゆっくり読ませてくださいね




2017-03-15 Wed 20:13 URL | sara #373Rzr2.[ 内容変更] | top↑
★ sara さんへ 雫
> こんばんは。

こんばんは、訪問、コメントありがとうございます。
すいません、少しお返事遅くなりました。

> コメントをいただきながら 
そこにお返事もせずすっかり時間がたってしまいました ごめんなさい。

こちらこそ、ご丁寧に、ありがとうございます。
気を使って頂かなくても、かまいませんよ。

> こちらを訪問した時に お返事は是非ここに書きたいと思ったのですが 
ネットには入っているものの このところ集中していることがありまして 
気持ちの中で書く態勢ができていませんでした。
> 口下手というのか 書き下手というのか 
私は投稿にもコメントにもとても時間がかかるほうなので…。

わかります、実は、今もそうですが、最初、私もコメントが書けなくて・・
書きたいのに、
どう書いていいか、パソコンの前で、固まってしまったことも。ww

さらに困ったのは、コメントが来て、どうお返事を書いていいものやら、
またまた、固まってしまいました。。それを、思い出しました。

あちこちのブログさんの、お返事の書き方を勉強しました。
そして、この間、また復活したのですが、
どう書いていたか、忘れてしまっていて。
もう大変でしたよ。
だから、どうぞ書きたいことを、自由に、これからもどうぞ。。

>
> 私は 金子みすゞさんの詩は あまりたくさんは読んでないのですが
> 雫さんの詩は 私にはまるで みすゞさんのようだと感じました。
> 誰にでもわかる優しいことばで 語りかけるというのは 
私にはできないことですが ひとことづつ胸に落ちていきます
> 素敵ですね
>
ありがとうございます。
金子みすゞ師匠のことを、褒めて頂いて、とても嬉しいです。

金子みすゞさんは、誰にでもわかる、優しい言葉で、書かれています。
そこが、とても庶民的で、親しみがあって、身近で大好きです。
本当に、優しい視線、この凄さは、言葉では言い表せません。

昔、ダメな教師と、良い教師の違いを習いました。
簡単なことことを、難しくわかりにくく教えるのが、ダメな教師。
難しいことを、
分かりやすい言葉で、さも簡単なように教えてしまうのが、良い教師。だと。

わたしには、良い教師が、金子みすゞさんです。

詩も同じかと、思うからです。
詩を読んで、瞬時に、その形が目に浮かび、心に染み入ってくるのが、詩だと。

金子みすゞさんに出会ったのが、私の幸運でした。
イソップも、同様に、私の師匠です。
ふたりとも、弟子にした覚えはないと、でも、笑ってくれると思います。

だから
> 雫さんの詩は 私にはまるで みすゞさんのようだと感じました。

この言葉は、私への、最高の褒め言葉です、
いくら感謝の言葉を述べても、足らないぐらいです。ありがとうございます。

> まだ少ししか 拝見していないのですが ゆっくり読ませてくださいね

はい、ありがとうございます。これからもどうぞ、宜しくお願い致します。
2017-03-15 Wed 22:01 URL | sara さんへ 雫 #Z7LMGkjQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3