悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
過去詩 再掲 生命詩「死んではいけません」
2018-01-04 Thu 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません



96574694.jpg


作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



追記2017/01/04
この詩は2012/08/28に投稿した詩です。
2017年01/01ブログを再開するに当たり、 
初めての方は勿論、以前に読まれた方にももう一度・・・
読んで頂きたいと、時系列的には間違いかもしれませんが
過去詩 再掲と表示
ぜひ、読んで頂く機会を増やすために、先頭に載せました、ご理解ください。

投稿日をちょうど1年後にしました。
あと一年、誰も悲しい事件がなければ、喜んで元の投稿日に戻します
この一年間、新作も出来るでしょうが、この一年間はトップはこの詩です。
どうかご理解をたまわりますよう、雫。。

追記 2017/01/05/09:10
皆様に勘違いさせてしまったようです。
本当に申し訳ありません。

この詩の投稿日を2018年01月にしたのは・・・
途中で新作や案内を書いても、この詩が来年2018年01月になっているので
来年1月までは、一番最初に表示されるようにしたかったからです。

その為この一年間は、何度も来て頂いた方は、一度読んだからもういいよ、と思っても
いやでも目にしてしまうことになります・・・本当に申し訳ありません。

この1年間はこのブログに来た人は最初にこの詩を目にするようにしたかったのです。、
それは、もしも困ったり悩んだり絶望に陥って、
心が一行の詩でも言葉でも必要としている方が訪問されたとき、最初に読んで頂くために。

お前はそんなに凄いのか?偉いのか?傲慢だ、と言われればそれまでですが・・
私が経験したように、たった一言が人を絶望から救うことがあるのです。
今度は、この詩が、その一文字、一言になるかもしれないのなら
私がそうであったように、手助けが出来る人が居るかもしれないという希望に架けたのです。

批判は甘んじて受けます・・・
どうかご理解して頂きたく、この追記、案内としました。雫。。

追記 2012/08/28
自殺する子供たち・・
許せない事件、日本のあらゆるところで・・
これは犯罪です。
醜く卑怯な者達による、集団で殺された殺人事件です。
いじめなどと言う、軽い言葉で書くことなんてできない。

これ以上は書きたくない。

どうか、これ以上、哀しみを増やさないで下さいと、願うだけです。 雫。。

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまから お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、 ぜひ訪問してくださいね。 雫

追記2017/01/07
写真を2枚追加しました。
この写真は私のお気に入りで、いつか使おうと大切にしまっていました。
今回、どうしても力を貸して欲しくて使用しました。
この写真に似合った詩が出来たときは、重複して使用したいと思っています。
その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:132 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「ひとりと 一人と 独り」
2017-04-28 Fri 00:00
eyes0332.jpg





「ひとりと 一人と 独り」




時々
ひとりに
なるときは

こんな ひとりを 書くんだよ



一杯
いる人
その中の

たまたま 一人は こう書くよ



ひとり 
ぽっちで 
だぁれもいない 

ずっと 独りは こう書くよ








ひとりで 
泣いても 
それは今だけ・・

明日に なったら 誰か居る



一人で 
泣いても 
それは今だけ。

心配 みんな すぐ寄ってくる



独りで 
泣いても 
それは今だけ?

いつまで 待っても だぁれも来ない







だから 
ごめんね 
ときどき 助ける

ひとり は まだまだ あまえんぼう



だから 
ごめんね 
なにも いわない

一人 は みんなが そばにいるから



だから 
ごめんね 
きみを 助ける

独り ぽっちの きみの そばに




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/04/25追記
この詩は2008/03/22に投稿したものです。
悲しい事件がいつまでも続いています、
そうならないように願って再投稿します。雫。。

この作品で使用している写真は
フリー画像素材「EyesPic」さまから お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、 ぜひ訪問してくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:37 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「おとうたん おかあたん あんがとう」
2017-04-21 Fri 00:00
7325400 (2)





「おとうたん おかあたん あんがとう」




入園式 お手て繋いで 仲良しこよし

ルンルン 気分で 保育園

でもね 明日からは

とうたん かあたん 帰っちゃう

どしたら いいの 一人になるよ




最初は 園に来るたび 泣いてたよ 

ひとりぼっち 置いてけぼりで 悲しくて

でもね ともだち できて 楽しくなったよ

せんせも やさしい うれしいな





春の遠足 お芋ほり 

プールに お遊戯 運動会

みんな 仲良く できました




困った ことは おかずの納豆

食べなかったら 遊びに いけません

せんせに おこられ 食べました




でもね 今は 年長さん

強くなったよ 納豆大好き

おかわり たのんで 食べてるよ




おゆうぎ 駆けっこ 竹馬だって

みんな できるように なりました

甘えん坊じゃ ありません




心配しないで おおきくなったよ

涙に サヨナラ できました

保育園を 卒業だ もうすぐ ピカピカ一年生

桜も 咲いたよ お祝いだって




最後の最後 言っちゃうよ

おとうたん おかあたん あんがとう

あ いい間違い またしたね




「おとうさん あかあさん ありがとう」

もうすぐ ピカピカ 一年生

でもね やっぱり 言いたいな




・・・まいにち  おしごと たいへんですね・・・




「おとうたん おかあたん あんがとう」




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/04/20追記
他の動画を予定していましたが、
本日見たら、消えていて、大慌てで・・
この動画に変更しました。
但し、この方に、動画の使用を確認していません。
もしも、このブログでの使用をお認めにならない場合はご連絡を、お願い致します。
直ぐに、変更いたします。
とても良い動画で、内容も可愛く素晴らしいので・・
出来れば使わせていただきたいのですが・・。
誠にに勝手ながら、ブログにて、追加、報告をさせていただきます。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 幼子詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「虹」
2017-04-14 Fri 00:00
4923104.jpg





「虹」




虹の国へ  渡っていった
空のかなた 優しい心のまま 
小さな体  つぶらな瞳
わたしを 残して


抱き締めたら 温もりをくれたね
いつの間にか かけがえのない命
見つめ合う瞳 安らぎをいつも
降り注ぐ愛 与えてくれたね






どれだけ泣いたら 忘れられるというの
忘れることなど ないと知らされた
命の重み いつまでもこの胸に
時を戻せるのなら 願うよ永遠に


空の上でも 笑顔でいてと
悲しまないで 心配してるよ
友達できたの 教えて欲しい
聞きたいな 今はどうしているの






呼んでおくれ お腹が空いたと
呼んでもいいよ 甘えたいとき
呼んでほしいな 寂しい時は
呼んでいるよな 声が聞こえる


聞こえるよ 笑い声が
聞こえたよ 大丈夫だよと
聞こえているよ 心配しないでと
聞こえて欲しい いつまでもそばに






安心しても いいのかな
泣かなくても いいのかな
少しは笑っても いいのかな
いつまでも思っていても  いいのかな


虹のかなたに 行ったけれど
心の中に 住んでいてくれた
いつも温めて あげるね
心のぬくもり 
いつもあなたが くれたのだから




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/0404追記
この詩の更新、先月から迷っていました。
永遠に蔵に入れてしまうか、
投稿して心が傷つく人がいないか?

今日桜を見てきました。
心を清めてくれる花、そう思いました。
花は何も語りませんが、人の心を慰めてくれます。

桜が教えてくれたような気がしました。
詩は慰めるために、書いたのでしょう?と。

詩を投稿することに決めました、私自身への詩でもあります。
ずっと一緒に暮らした、大切な心を持った,、かけがえのない命たちへの詩です。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
希望詩「夢に向かって走れ」
2017-04-07 Fri 00:00
8747161_2017032416533260b.jpg





「夢に向かって走れ」




きみの奏でる曲は 
悲し過ぎて 泣かずに聴けないよ

でもね 笑顔は似合わない 
涙が似合う そこが好きなんだ



負けるな 頑張れ 自分を 励ました 
負けるな 頑張れ きみを 励ましたい



自分は 何も出来ない 
それが 分かっているくせに 応援したいんだ

好きにさせて 努力が実らない時もあるって 
わかっているからこそ 応援したいんだ






夢は諦めた時 目が覚めて消えてしまう 
続きを見たくても 二度と見れないよ

夢を諦めるな がむしゃらに走れ 
息の続く限り 自分を信じて 立ち向かえ



負けるな 頑張れ 自分を 励ました 
負けるな 頑張れ きみを 励ましたい



負けてもともと 最初は何もなかった 
生きているからこそ 夢が見れるんだ

勝たなくてもいい そこに未来があるなら 
自分で造れ 道を 夢を 追い続けて






強い人なんていない みんな弱虫 
支え合って 助け合って 生きてきたんだ

同じように きみも夢を持て 
たった十年 二十年 生きてきて 見た景色はちっぽけだ



負けるな 頑張れ 自分を 励ました 
負けるな 頑張れ きみを 励ましたい



夢を諦めないなら きっと見れる 
振り返って 見た景色 何が見える

きみを囲んで 笑顔が見える 
涙を拭き飛ばせ 全力で走る 自分が見えるまで




作品を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村



2017/03/19追記
この詩は
NHK「火花」4話を見て 
ストリートミュージシャンが
田舎に帰る 最後の曲を 
主人公の為 そして 自分の為に 奏でた時・・
思わず書きたくなって 聴きながら書き上げた作品です。

不思議ですね、
時間があっても  詩が書けなくて、感動が書かせてくれた詩です。
MVは
この曲を少し前に聴いて 
同じように感動して いつか使わせてもらおうと思っていました。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。

関連記事
別窓 | 希望詩 | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3